つゆじも
大正六年十二月二十五日東京青山茂吉宅に於て わが住める家のいらかの白霜を見ずて行かむ日近づきにけり うつり来しいへの畳のにほひさへ心がなしく起臥しにけり 据風呂を買ひに行きつつこよひまた買はず帰り来て寂しく眠る 東京にのこし来しをさなごの茂 …
作品に特徴的な語句
とつ ほぎ いのち 理由ゆゑよし しやう のど のら おほよそ をみな あき 夕飯ゆふいひ あり しづ 出入いでい はだ さや いつく ゆた うま をみな 男女をとこをみな ぐに 因縁よすが たふと をさな をと うづ すが 四歳よんさい 病人やみびと 昼飯ひるいひ はつ 南風みんなみかぜ ゐのしし きやう 山峡やまがひ にほひ かたみ たひ うつ しよ きほ 宮殿きゆうでん 種子しゆし うへ きは 真中もなか かたはら 商人しやうにん 窓外まどのと 労働らうどう 盗人どろばう 居室こしつ 永遠とは いとけな 高原たかばる しはぶき たかし じゆ 夕映ゆふば だに いえ 精霊しやうりやう 背向そがひ くちなは 湖水みづうみ しづ しやが いだ たはむ 川辺かはのべ おほ せい 温泉うんぜん あけ さす わかれ 商人あきびと かげ かふこ いへ 上海しやんはい こや いかづち 十歳ととせ さは