“河”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かわ53.4%
かは18.8%
7.5%
がわ7.5%
3.8%
がは3.8%
フルッス0.8%
リヴァ0.8%
シュトローム0.8%
ホウ0.8%
かっ0.8%
ホー0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すみなれたや、や、や、野原見捨て、らぬ他国ることは、これらの小鳥にとっても、冒険にちがいなかったからです。
ふるさと (新字新仮名) / 小川未明(著)
女はつてゐる。やがての流れから、眼をげて、三四郎を見た。二重瞼にはつきりとりがあつた。三四郎は其眼付で半ば安心した。
三四郎 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
こんどは交わし損ねて、そのが城太郎の耳の辺をごつんと打った。城太郎の片手がそこを抑え、あたまの毛がみな逆立ッた。
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夏山 夏野 夏木立 青嵐 五月雨 雲の峰 秋風 野分 霧 稲妻  星月夜 刈田  冬枯 冬木立 枯野 雪 時雨 
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
これはいささか稚気を帯びた。が、にれぜんのほとり、菩提樹の蔭に、釈尊にはじめて捧げたものは何であろう。菩薩の壇にビスケットも、あるいは臘八ろうも知れない。
灯明之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
になつて、毎晩へるあるからつた安之助つてた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
この森を貫く街道は、インに結びつけられた湖水から湖水に沿うて、サン・モリッツからカムフェルを過ぎて、シルヴァプラナ、シルス、それからマロヤの村へつづいて行く。
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)
ウァーレンシュタットから、もう此の湖水も、フールフィルシュトの山脈もかくれてしまって、暫くは狭い渓の間を走ってゆくと、やがてサルガンスの辺り、ラインの本流に出会った。
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)
上手な人はの中に一枚不用な牌をひそませて置き、の方へ手を出すときに、それを捨て、河の中に捨てられてある牌とか
麻雀インチキ物語 (新字新仮名) / 海野十三(著)
節くれだった小指に、鍍金の物々しい金指環をはめて居たり、ぱの様にした頭に油を一杯つけて、紫の絹のハンカチでいやらしく喉を巻いたりして居る様子は、ついしかめっ面をするほどいやだ。
農村 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
「カハ」(川、河、カワ)は「」と実際に縁がありそうである。その他にはシンハリースの ganga(川)とわずかばかり似るだけで、他にちょっと相手が見つからない。
言葉の不思議 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
そこで私共が昼飯をやって居るばかりでなく、ほかにこの山の水で昼飯をやって居る者も大分にありました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)