“安之助”の読み方と例文
読み方割合
やすのすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
安之助がしいとかで、一時間らずしてつてつたが、小六所置ては、兩人具體的なかつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
二歳の誕生を迎える安之助が、柿をいれた青竹の小さな籠を背にして、よちよちとあるく姿は考えるだけでも愛らしくたのしいものだった。——どうか一つでもよいから残ってれるとよい。
日本婦道記:箭竹 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
專門上知識のない小六が、精密返答をし無論なかつた。はたゞ安之助からいたを、えてゐるれて説明した。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)