“安房”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あわ86.9%
あは8.2%
あんぼう1.6%
あぼう1.6%
あんばう1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このふた品を持って、北条安房どのを訪れ、幕府への御推挙を仰ぐとも、また一刀流を称して他に一家を構えようともどおりにいたせ
剣の四君子:05 小野忠明 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(叔父が安房上総へ武者修行に出かけ、二刀流の剣客と仕合をした話も矢張り僕を喜ばせたものである。)それから「御維新」前後には彰義隊に加はる志を持つてゐた。
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
富岡達は、安房の港へ上陸するのだ。船は、宮の浦の沖へ着いた。海岸は波が荒く、港もないので、沖あひに碇泊して、小船が、船客を運んだ。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
この連山の間の安房峠というので、これを越して白骨温泉へ出ると、都合二回、——一度は表から裏へ、今度は裏から表へ、日本アルプスを横断した事になるのだ。
木曽御嶽の両面 (新字新仮名) / 吉江喬松(著)
九時頃、やつと、船は安房へ着いた。こゝでも港がないので、照國丸は沖合ひへ停泊するのだ。
屋久島紀行 (旧字旧仮名) / 林芙美子(著)