“上総”のいろいろな読み方と例文
旧字:上總
読み方割合
かずさ88.9%
かづさ7.1%
かずさの2.0%
かみふさ1.0%
カズサ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
生前、お前のお父様は大抵夏になると、私と子供たちを上総の海岸にやって、御自分はお勤めの都合でうちに居残っていらっしゃった。
楡の家 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
(叔父が安房上総へ武者修行に出かけ、二刀流の剣客と仕合をした話も矢張り僕を喜ばせたものである。)それから「御維新」前後には彰義隊に加はる志を持つてゐた。
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
本三位中将重衡、侍大将に越中次郎兵衛盛次上総五郎兵衛忠光、悪七兵衛景清などを命じて先陣とし、二万余騎の兵で播磨に押し渡り室山に陣を構えた。
上総の長生郡などでは、今でもモンモンジャといえば化け物を意味しているのである。
おばけの声 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
は物集博士大辞林に「をけをいふ。上総下総武蔵などにて」とあるが、コガは当地方では酒、醤油醸造用の大桶を専ら指して言ふ。かぶてもは被つてもである。アダルはアタル「当る」である。
津軽地方特有の俚諺 (新字旧仮名) / 福士幸次郎(著)