“上総介”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かずさのすけ83.3%
かずさのかみ8.3%
かづさのすけ8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“上総介”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]6.9%
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 民間信仰・迷信[俗信]4.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「小国なれど、尾張の織田上総介かずさのすけ信長公。あのお方を除いては、今、大事を語る武将はござりませぬ」
茶漬三略 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いぶかしげに、外へ出て見ると千葉介常胤も、上総介かずさのすけ広常も、北条父子おやこも、みなとばりを払って、闇の中に佇んでいた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
家康公が行水ぎょうずい役の下女に産ませた上総介かずさのかみ忠輝は有名な暴君だったが、その領地に無類の豪飲今猩々庄左衛門あり、忠輝海に漁して魚多く獲た余興に、臣民に酒をいるに、この漁夫三、四斗飲んで酔わず、城へ伴い還り飲ましむるに六斗まで飲んでねむる。
高見王の御子高望王たかもちわうが平の姓を賜はつたので、従五位下、常陸大掾ひたちだいじよう上総介かづさのすけ等に任ぜられたと平氏系図に見えてゐる。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)