平将門たいらのまさかど
千鍾の酒も少く、一句の言も多いといふことがある。受授が情を異にし啐啄が機に違へば、何も彼もおもしろく無くつて、其れも是もまづいことになる。だから大抵の事は黙つてゐるに越したことは無い、大抵の文は書かぬが優つてゐる。また大抵の事は聴かぬがよい …
作品に特徴的な語句
まを れう いか をか はづ およ たてまつ うかゞひ かん 上野かうつけ うかゞ ざかひ おび はじ とら きさま たつと なん さきの 行懸ゆきがゝり 先生せんじやう なう 所以いはれ 痴者ちしや うま をは 上下しやうか おほい さか 行懸ゆきがゝ うべ いつ いた まさ くし 突掛つゝか かへ 真人まびと したが 行掛ゆきが さが きは こゝ くはだて 一品いつぽん 一齣いつしやく 陰陽おんやう 斯様かう まさ ねぢ 蒼天さうてん 上戸じやうこ おも 虚妄きよまう つと 行方なめかた 恋歌こひか 卜者ぼくしや をは いた なんぢ 宿酔しゆくすゐ くわ しやう ひとへ 相率あひひき かく かの ぐわん くるし あし 出入でい にほひ 腕節うでふし 華奢くわしや こゝろ たなそこ そゝ しや ならひ さいはひ さま 彼奴きやつ あら なぞ 公卿くぎやう こた 旗下はたした すゑ かみ 遣付やりつけ うつたへ がは