平将門たいらのまさかど
千鍾の酒も少く、一句の言も多いといふことがある。受授が情を異にし啐啄が機に違へば、何も彼もおもしろく無くつて、其れも是もまづいことになる。だから大抵の事は黙つてゐるに越したことは無い、大抵の文は書かぬ …
作品に特徴的な語句
修羅しゆら 陸奥むつ 麾下きか 下野しもつけ 懸想けさう 結城ゆふき 譴責けんせき たちばなの 和睦わぼく 満腔まんかう 手蔓てづる 筑紫つくし 筑波つくば 一筋ひとすぢ 俯瞰ふかん 叡山えいざん にしん 生捕いけど 芥子けし 謀反むほん 一揆いつき 捏造ねつざう 椋鳥むくどり 菩薩ぼさつ 大工だいく 不知不識しらずしらず 干戈かんくわ 手土産てみやげ 水滸伝すゐこでん 碓氷うすひ 屈竟くつきやう 申訳まをしわけ えつ 苦患くげん しん 薨去こうきよ すゑ 胚胎はいたい 恐懼きようく 伺候しこう 慓悍へうかん 糺問きうもん 遺恨ゐこん 雑人ざふにん 偵察ていさつ 比叡ひえい 使嗾しそう 馬蹄ばてい 蟠踞ばんきよ 錯綜さくそう 検非違使けびゐし 大童おほわらは 奉行ぶぎやう すな 分際ぶんざい 尾行びかう 指揮しき 流浪るらう 安房あは 瞋恚しんい 蟄伏ちつぷく 軍鶏しやも 間抜まぬけ 旗下はたした 燎原れうげん 牝鶏めんどり こう 妥協だけふ 焔硝えんせう 鉾先ほこさき 片時へんし ふせ 博士はかせ 阿闍梨あじやり のろ 吶喊とつかん 在処ありか 気息いき 足柄あしがら 阿諛あゆ 騒擾さうぜう 居候ゐさふらふ こと ぐん うるほ 葛飾かつしか そし 手配てくばり 跼蹐きよくせき 除目ぢもく 宿酔しゆくすゐ 生擒いけどり 南無阿弥陀仏なむあみだぶつ 疵口きずくち 上戸じやうこ 新宿しんじゆく