“壁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かべ90.6%
へき5.3%
ワンド1.2%
0.6%
つと0.6%
へい0.6%
ぺき0.6%
カベ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つまり河流上汐とが河口暫時つて、上汐め、海水きながらそれが上流つてよく進行するのである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
と、それからは一切、城門の鉄扉を閉じ、を高うし、殻の如くただ守っていた。しかし城塁の中ではこんどは不思議な現象がおこりだしていた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
を這いずり上って、岩の上に出ると、又その岩と云うのがギザギザに欠けているから、石は落ち易いし手がかりはなし、両手を拡げて、蝙蝠みたいに岩に喰いつくような格構
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)
アカいアべにぶつかったア
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「荒に蔦のはじめや飾り縄」で、延喜式の出来た時は頼朝がで六十余州を指揮する種子がもうかれてあつたとも云へるし、源氏物語を読んでは大江広元が生まれないに前に
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
くこけのついたれんがのまじっている子細見上げました。
新しい町 (新字新仮名) / 小川未明(著)
これで梁山泊四道の見張りはまず充分だろうから、次には、この宛子城そのものの大手、中木戸、内門の三を堅固にする案だった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
女房ノヘソクリンデ短銃ウガキトキメキ、一読、ムセビイテ、三嘆、ワガクダラナクチツケタキイ、アア、姿ノミ燦然マワリノ石坂君
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)