“壁板”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
したみ53.3%
かべいた26.7%
しとみ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただ物凄い風の音と、木の葉がぱらぱらと窓や、壁板に当って散り敷く音を聞くばかりで、誰とて自分の家を訪ねて呉れるものがありません。
嵐の夜 (新字新仮名) / 小川未明(著)
にはがちらちらとって、いて、コトコトとや、れた壁板などをらしていました。元日も、こうして無事れてしまったのことであります。
金銀小判 (新字新仮名) / 小川未明(著)
すると、あの壁板に、去年いなくなった、わたしの着物たのがかかっていましたので、ついぼんやりと思案れていたのでございます。
島の暮れ方の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)