“吹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
88.5%
ふき4.9%
ふか2.1%
ふい1.2%
すい0.6%
ふく0.6%
ぷく0.4%
0.2%
のみ0.2%
ふっ0.2%
ふつ0.2%
0.2%
0.2%
フイ0.2%
フキ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
砂漠のあちらに、深林がありましたが、しめっぽいく五ごろのこと、そのから、おびただしい発生しました。
北海の波にさらわれた蛾 (新字新仮名) / 小川未明(著)
硫化水素の臭いが四辺をこめ、山や丘陵や、赤松や、濛々たる蒸気の間から、なびく風のまにまに隠見する趣きは、一種の地獄風景観を形作る。
雲仙岳 (新字新仮名) / 菊池幽芳(著)
年頃玉ひたる梅にさへ別れををしみたまひて「東風ば匂ひをこせよ梅の花なしとて春なぞ」此梅つくしへたる事は挙世の知る処なり。
それは「どうも困ります」のった日で、桑畑をて来る湿った風は、宿の浴衣の上にフランネルをねた私の肌に冷々みる夕方であった。
磯部の若葉 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
すると、蕭々たる平沙彼方にあたって、一犀笛が聞えたと思うと、たちまち、早鉦や太鼓がけたたましく鳴りひびいた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
御行の松にかぜ音さびて、根岸田甫晩稲かりほす頃、あのあたりに森江しづと呼ぶ女あるじの家を、うさんらしき乞食小僧の目にかけつゝ、怪しげなる素振あるよし
琴の音 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
なかなかおちついたもので,それから悠然と、ダロク張りの煙管へ煙草を詰め込み、二三というものは吸ッては吹き出し、吸ッては吹き出し、それからそろそろ立ち上ッて
初恋 (新字新仮名) / 矢崎嵯峨の舎(著)
紫羅傘だよ、この山にはたくさんく。それ、一面に。」
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さて是より熊の也、今一盃たまはるべしとててしきりにより烟艸帒をいだしてなどするゆゑ、其はいかにとたづねければ、老父、さてを見ればべきほどの岩窟あり
元町の家主は大騒ぎで心配をして居るという兼松の注進で、さては無理に喧嘩をかけて弟子師匠の縁を切り、書付の日附を先月にしたのは、恩ある己達を此の引合に出すまいとの心配であろうが
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
松公は四五日、姿も見せない。お大は頭腦も體も燃えるやうなので、としてゐる瀬はなく、毎日ぶら/\と其處ら中彷徨きまはつて、妄濫と行逢ふ人に突かゝつて喧嘩をかけて居る。
絶望 (旧字旧仮名) / 徳田秋声(著)
だが、さけんで反応がなかったように、そのがとおく八へ鳴りひびいていっても、外城から、こたえきの合わせが鳴ってこなかった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
思ふに「上り」を語原と主張する為には、五月幟風のき・吹き流しの類を「のぼり」と言うた確かな証拠が見出されてから、の御相談である。
まといの話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
憶老杜髭風暮秋ズルハゾ」「夜着は重し呉天に雪を見るあらん」
芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
あるじはと 人もし問はゞ、軒の松 あらしといひて、かへしてよ(阿須波山にすみけるころ)
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)