北海の波にさらわれた蛾ほっかいのなみにさらわれたが
鈍い砂漠のあちらに、深林がありましたが、しめっぽい風の吹く五月ごろのこと、その中から、おびただしい白い蛾が発生しました。 一時、ときならぬ花びらの、風に吹かれたごとく、木々の枝葉に蛾がとまっていたのです。それは、また、ちょうど、降りかかった …
作品に特徴的な語句
しょう しゅく ぐん うえ 最初さいしょ この すく くわだ がつ おだ がい がた 故郷こきょう たず なか にお からだ さき ひか 理由りゆう あたま つめ しず くわ さか あいだ 夕暮ゆうぐ そと よる あか 容易ようい せつ かた にち はな 山脈さんみゃく 見物けんぶつ ほう つよ かれ わか のち したが 翌朝あくるあさ 注意ちゅうい うみ 深林しんりん わた 火影ほかげ 災難さいなん 無事ぶじ 燈火ともしび まち つか 発生はっせい しろ 相談そうだん 真紅まっか 砂漠さばく いの わたし あき うつ そら 空高そらたか わら こた むらさき 紫色むらさきいろ うつく はね 羽虫はむし 翌日よくじつ なが 雲切くもぎ ゆき はな 雑草ざっそう 陰気いんき とお 野原のはら