“焚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
83.0%
10.8%
たき1.3%
1.1%
0.8%
たい0.6%
かし0.5%
いぶ0.2%
0.2%
くべ0.2%
たか0.2%
たく0.2%
0.2%
ふん0.2%
もえ0.2%
もや0.2%
もゆ0.2%
やか0.2%
やけ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どれだけの薪や炭をおきになったかしら、そしてこれからもどれほどの水を流し、どれほどの薪や炭をお焚きになることでしょう
日本婦道記:風鈴 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
李公は大いに怒って、すぐにかの女をくくりあげ、薪を積んで生きながらいてしまった。その以来、都に驚風を病む小児が絶えた。
木のをあつめ火をてあたりをりしに、其所よりすこしはなれてに火燄々あがりければ、児曹大におそれ皆々四方に逃散けり。
ふと、そのうちに人々は、彼女のべている細い枯木が、ただの松薪や雑木のようでなく、まことによく燃える木であることに気づいた。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
白糸の胸中は沸くがごとく、ゆるがごとく、万感のくに任せて、無念なき松の下蔭に立ち尽くして、夜のくるをも知らざりき。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
りたての狹苦しい小屋内側つぽくくした。段々くのが待遠卯平毎日つてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
戦前には多くの日本留学生が此地に居り、日本飯をぎ、牛肉の鋤焼をし、窓前に紅い若葉の楓盆栽をおいて、端唄浄瑠璃を歌つたその名残ではあるまいか。
イーサル川 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
婦人炉縁行燈引附け、俯向いてしてたが振仰ぎ、火箸つたいて
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
と、き口の方でお久らしい声が云った。
蓼喰う虫 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
これは松のの源次郎で、蝶吉から頂いた、土付かずといってい大事の駒下駄を、芋を焼くられた上に、けんつくをって面目を失ったが、本人に聞くより一段情無い愛想尽しを
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ちょっとした鍋俎板庖丁膳椀皿なども用意しているので、少しも人の世話にならずに食事をするのであるが、飯だけは、船に附いている竈で、家来にせる。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)
郊外何やらん煙して 鉄僧
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
い娘がいるだアー、寄って行かっせえ 〽こぼれ松葉を手で掻き集め、コラコラ、主さ来るかとえて待つーウ……歌もうたうだア寄って行かっせえ」
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ただ稀代なのは、いつの間にやら雨で洗ったように、焼跡らしい灰もなし、さしの材木一本わっておらぬばかりか、大風で飛ばしたか、土礎石一つ無い。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
冷遇て冷遇て冷遇抜いている客がすぐ前のッても、他の花魁に見立て替えをされても、冷遇ていれば結局喜ぶべきであるのに、外聞の意地ばかりでなく、真心修羅すのは遊女の常情である。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
彼はが与へし男の不幸よりも、れぬ女のよりも、づその娘が意気のなるに感じて、あはれ、世にはかかる切なる恋のる如き誠もあるよ、とし胸はくなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
石にてれ、鋸にてひかれ、火にてれ、刃にて殺され、棉羊と山羊の皮を衣て経あるき、窮乏して難苦しめり、世は彼等を置くに堪えず
博多画瓢坊の説に、明応七年兵燹にかかりて枯しを社僧祠官等歌よみて奉りたれば再び栄生せりといへり。其後天正の兵燹にもしこと幽斎紀行に見ゆ。左に一株の松あり。みな柵を以て囲む。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)