聖書の読方せいしょのよみかた来世を背景として読むべしらいせをはいけいとしてよむべし
十一月十五日栃木県氏家在狭間田に開かれたる聖書研究会に於て述べし講演の草稿。 聖書は来世の希望と恐怖とを背景として読まなければ了解らない、聖書を単に道徳の書と見て其言辞は意味を為さない、聖書は旧約と新約とに分れて神の約束の書である、而して神 …
作品に特徴的な語句
あたり かむら やか つつ かぎり あた あわ 狂人しれもの あずか おわり すべて みだ うち あら 京城みやこ 冒頭はじめ かなし のこ 屈曲まがり まて 明瞭あきらか かお 依頼よりたの 召出よびいだ 如斯かくのごと うた もの 蹂躪ふみつけ 傾覆たおれ 充溢みちあふ 光輝かがやき 受納うけ まこと 審判さばか 来世つぎのよ 標準めあて ただし 説教みおしえ おと 万人よろずのひと 了解わか また ただ いま 基礎いしずえ たいら ゆだ 悪言あしきこと 抉出ぬきいだ 救拯すくい 教訓おしえ ひとし かく ちから 窮乏ともしく きた 迫害せめ 今時いま ゆる さき そむ さけび 和平やわらぎ 喜楽よろこび かつ 囹圄ひとや 奪還とりかえ しばら 嬉笑あざけり 安慰なぐさめ 審判さば ことごと 崎嶇けわしき 彼得ペテロ 愚人おろかなるひと 曠野あらの すて いばら まこと さいわい 終末おわり 継続つづ 苦難くるしみ 負債おいめ ひん 隠微かくれ 震怒いかり 饑渇うえかわ また 何時いつ 便時よきとき かんむり なか 周流さまよ