“受納”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うけい40.0%
じゆなふ30.0%
うけをさ10.0%
うけ10.0%
じゅのう10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
好いものでありさえすれば仮令いかなる人の有っているものでも、それを受納れるに躊躇しなかったほど、それほど心のいていた捨吉は
桜の実の熟する時 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
其方支配とは申ながら松本理左衞門申きに相任賄賂の金銀受納致せし而已ならず不都合の吟味に及び候條不屆至極に付主家門前拂申付る
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
は假令夫婦になられずとも本望なりば此品暫時借用申すと受納め立歸らんとするにお菊はめ此程より申せし通り父御は御身を入ずより金を持參の
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「それ神の震怒は不義をもて真理を抑うる人々に向って天より顕わる」とのパウロの言の如きは彼等の受納ざる所である(羅馬書一章十八節)
……なにとぞ、おうたがいなくご受納のほどを
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)