“納受”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
のうじゅ42.9%
なふじゆ28.6%
きこしめ14.3%
のうじゆ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは義貞が、いていた黄金づくりの太刀を海中に投じて、龍神に祈念をこめたところ、彼の忠烈を龍神も納受ましまし
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
神明かの男が実心み、人々のいのりをも納受まし/\けん、かの娘目のたるがごとくおきあがり母をよびければ、奇異のおもひをなし、むすめのにあつまりていかに/\といふ。
はや納受して、禍事咎祟りはあらじものをと、祓ひ給ひ清め給ふ由を、八百万神たち、もろともに聞し召せと申す——
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
かかるにも心にあれば、煌々耀れる御燈み行きて、天尊御像消失せなんと吾目に見ゆるは、納受の恵にれ、擁護の綱も切れ果つるやと
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)