北越雪譜ほくえつせっぷ03 北越雪譜初編03 ほくえつせっぷしょへん
岩波文庫に収めた北越雪譜は不図も読書子の称賛を得て、昨年三月には第二刷を発行し、茲にまた第三刷を発行するに至つたのは校訂子の欣喜に堪へないところである。第二刷のときも、註解に若干の増補を為したが、今回 …
作品に特徴的な語句
俳諧はいかい 夜叉やしや 野分のわき 修羅しゆら 諏訪すは 越後ゑちご ひえ 一喝いつかつ 囲炉裏ゐろり もとめ 覚悟かくご 日数ひかず 木蔭こかげ なみ 物識ものしり 供養くやう しば 脚下あしもと 布子ぬのこ 庫裏くり 飛白かすり あさひ 是等これら 謀叛むほん なだ 美事みごと ぬか 度毎たびごと 惜気をしげ 発心ほつしん 香具師かうぐし 国許こくきよ 生木なまき さかひ 本意ほい 筑紫つくし たに 人参にんじん やく すし 手足てあし さて 天麩羅てんふら 日蔭ひかげ 谷間たにあひ 弥生やよひ わん 一室いつしつ 居士こじ 白湯 思案しあん 半年はんとし 年頃としごろ 御蔭おかげ 透間すきま ひさげ 叡山えいざん 嶮岨けんそ 退治たいぢ 小雨こさめ 灰汁あく 丹精たんせい 書翰しよかん ぜに をか 座敷ざしき 茅葺かやぶき 落人おちうど 人物じんぶつ 本文ほんもん 一歩ひとあし 書肆しよし 破風はふ 仮初かりそめ 愛宕山あたごさん 注連しめ ふるひ しよく 読経どくきやう 雨露あめつゆ 剃髪ていはつ 寒気かんき まく 微風びふう 片手かたて 神酒みき ひよう 三年みとせ 土器かはらけ おん 渓川たにがは 金魚きんぎよ 雑煮ざふに 海辺うみべ 初夏しよか 四隅よすみ
題名が同じ作品
北越雪譜:01 第三刷序文 (新字旧仮名)岡田武松 (著)
北越雪譜:02 北越雪譜叙 (新字旧仮名)山東京伝 山東京山 (著)