“謂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
63.9%
いい11.9%
いわ8.9%
いひ3.5%
おも2.8%
いは1.8%
いわれ1.0%
おもえ0.8%
いつ0.7%
いはれ0.7%
いふ0.5%
0.5%
かた0.3%
いひて0.3%
おもへら0.3%
ヲモヘラク0.3%
いお0.2%
いっ0.2%
いはゆ0.2%
いへら0.2%
いわく0.2%
いッ0.2%
おもへ0.2%
0.2%
ゆゑ0.2%
イヒ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
からだがしびれるほどに、わば、私は、ばんざいであった。大歓喜。そんな言葉が、あたっている。くるしいほどの、歓喜である。
新樹の言葉 (新字新仮名) / 太宰治(著)
今の劇壇はこのままでいいとは、急激な苦い薬を飲ませずに、最中やオムラートで包んで飲ませようのである、私は常にそう思う。
当今の劇壇をこのままに (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
僕達は少し矢絣に拘泥し過ぎてるんじゃないかしら。犯罪者が態々、そんな人目に立ち易い風俗をするれがないじゃありませんか
悪霊 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
ばるゝとども因果片輪見世物の如くばるゝのにあらねば、決して/\心配すべきにあらす。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
わたくしは此「望之妻」は棭斎の妻であらうとふ。果して然らば、棭斎の妻狩谷氏は文化七年庚午六月十八日の朝歿したこととなるであらう。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
三七五 現世に於ける聰慧ある比丘の初とはく、感官を護り、滿足し、道徳の規律を擁護し、生活正しく、善友を侶とするにあり。
法句経 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
は何かこれにこそと、七兵衛はその時からんで今も真前に目を着けたが、まさかにこれが死神で、菊枝を水に導いたものとは思わなかったであろう。
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その中にて独り西洋学者の流は深謀遠慮にして、らく、官軍或は暴ならん、仮令い暴なりと雖ども西洋人に害を及ぼすことは彼輩のする所にざるべし
故社員の一言今尚精神 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
れしかば天も漸々受納有てや是より出して三日三晩小止なく因て草木もの色を生ぜしとかや趙氏が妻とお菊が孝心は和漢一美談つべし
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
其庵の側に一つのやかなる新塚あり、主が名は言はで、此の里人は只〻戀塚々々と呼びなせり。此の戀塚のに就きて、とも哀れなる物語のなり
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
古語其以てする所を其由ふ所を其安んずる所を察す人んぞん哉人んぞん哉爰にる者有り然れ共其者の眸瞳動靜
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
弦ヲクニ二法アリ、無名指ト中指ニテ大指ヲ圧シ、指頭ヲ弦ノ直堅に当ツ! ヲ中国ノ射法トフ! 正次の射法はこれであった。
弓道中祖伝 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
数日之後、皇太子近習者を召して、りて曰く、先の日、道に臥せる飢者は、其れ凡人じ、必ず真人ならむ。使を遣して視しめたまふ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
越後にねりやうかんを賞味して大に感嘆し、岩居に、此ねりやうかんも近年のものなり、常のやうかんにくらぶればひまされり。
しかれどもく、賢者旧悪をおもはずといふも事にこそよれ、冤謫懆愁のあまり讒言首唱たる時平大臣肚中に深く恨み玉ひしもしるべからず。
シテハ越地越事、仍丁酉之夏携児京水越遊スルコト数十日有紀行
から淡々しい鉄窓れて、たる墨画のように浮出したのは、うようなく、凄絶また惨絶であった、アンドレイ、エヒミチはたわったまま
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
テ前日、府中ニ触レアッテ此度双方勝負ノ贔屓ヲ禁止セリ。興長主武蔵ニク、明朝辰ノ上刻向島ニ於テ、岩流小次郎ト仕合致スベキ由ヲス。
巌流島 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
も見遁し候間此大恩は忘れまじと其以後は急度しみ候然るに私しを生置ては妻の事心元無く思ひてやる犬のにて敵きと申如くもせぬ事を申上長庵を罪科が女房を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
村人某、かねて無頼のなりけり。村外に遊びけるをり、少婦の馬に乗りて来るを見て、同遊の者を顧みてく、おのれ彼の少女をして笑はしめむと言ふ。
『聊斎志異』より (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
当代、泰文ほど人に憎まれた男もすくないが、ただの一度も刀杖の厄を受けず、思うぞんぶんに放埒な所業をつづけられたのは、そのへんにがあるとみていい。
無月物語 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
計略をう(大)併し是だけで外に疑いは有ませんか(荻)フム無い唯だ今たミステリイとかの一点より外に疑わしい所は無い(大)なら申ますがう次第です
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
牧之らく、鎮守府将軍平の惟茂四代の后胤奥山太郎の孫の鬼九郎資国嫡男城の太郎資長の代まで越後高田の鳥坂山に城をへ一国にひしが
門内の群集を分けて車上の照子は、老婆の死骸にを背けつ、それより深川家の式台まで矢を射るごとく乗附けて、かねて別懇のなかといい、殊に心のきたれば、案内もわで夫人の居間。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
聞て其儀勿々ならず假令御仕置者なりとも首又は死骸などく渡して事は成ぬなり夫共御奉行所よりの御差※ならばぬことして/\出來ぬことなり早く歸られよと取合氣色もあらざれば城富は力もぬけりて茫然と涙にび居たりける是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
『波斯より更に遙かにして、夷人極めて多し。中に、招魂千年の法を傳ふるあり。は、千年の舊き魂をも招き迎へて、目前に致すこと、生前の姿の如し。』
死者の書 続編(草稿) (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)