“ゆゑ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ユヱ
語句割合
89.6%
所以3.1%
1.0%
事由1.0%
土地故1.0%
所由1.0%
湯坐1.0%
理由1.0%
1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此書全部六巻、牧之老人漫筆ざるの稿本なり。走墨乱写し、艸画なり。老人して校訂ふ。
避りし所以は、その八十神おのもおのも稻羽八上比賣はむとする心ありて、共に稻羽に行きし時に、大穴牟遲の神にを負せ、從者としてて往きき
が女二人竝べたてまつれるは、石長比賣を使はしては、天つ神の御子のは、雪り風吹くとも、恆にの如く、常磐堅磐に動きなくましまさむ。
「我が汝兄の命の上り來ますは、かならずしき心ならじ。我が國を奪はむとおもほさくのみ」と詔りたまひて、すなはち御髮を解きて、御髻に纏かして、左右の御髻にも、御にも
つてる、当時事由あつて零落れておでなさるが、以前立派なおで、士族さんだかだかれないんだよ、大事にしておげ、陰徳になるから。
云はぬが花と実入りのよい大尽客引掛に、旅に出るのもありやうは、亭主の為めと夕暮の、涼風慕ふ夏場をかけ、湯治場近き小田原で、宿場稼ぎの旅芸者、知らぬ土地故応頼
虫干 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
泣き患へて海邊にいましし時に、鹽椎の神來て問ひて曰はく、「にぞ虚空津日高の泣き患へたまふ所由は」
次に天津日子根の命は、凡川内の國の造、額田部湯坐の國の造、の田中の山代の國の造、馬來田の國の造、尻岐閇の國の造、周芳の國の造、淹知高市縣主
御疑ひ誠に其理由あり、もとより御恨めしう思ひまゐらする節もなし、御懐しうは覚え侍れど、それにばかりは泣くべくも無し、御声を聞きまゐらすると斉しく
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
聞て其儀勿々ならず假令御仕置者なりとも首又は死骸などく渡して事は成ぬなり夫共御奉行所よりの御差※ならばぬことして/\出來ぬことなり早く歸られよと取合氣色もあらざれば城富は力もぬけりて茫然と涙にび居たりける是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)