“善”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
62.8%
20.4%
ぜん7.1%
よし1.8%
1.5%
1.5%
よき0.8%
0.8%
よく0.5%
いい0.5%
0.5%
よか0.3%
うるは0.3%
0.3%
はなは0.3%
よけ0.3%
よろこ0.3%
ボンテ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どうせ文鳥を飼うなら、こんな暖かい季節に、この縁側へ鳥籠をえてやったら、文鳥も定めし鳴きかろうと思うくらいであった。
文鳥 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
四五日すると夫人が来る。そこで今度は二人してまた東西南北をけ廻った揚句のやはりチェイン・ローがいという事になった。
カーライル博物館 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
はその前刻からとなく婦人畏敬じてか、命令されるやうに心得たから、いはるゝままに草履穿いた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「大理石の様模をあたうるには、随意ところの一色を塗り、これに脈理を施して天然のものにし、後に落古せて出しするをとす——。」
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「あゝだ、よう、おつぎ、此處までてくんねえか」といつた。百姓にはいて村落博勞であつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「ほんたうにおありがどござんす。暖ぐなったらど思ってゐあんすたどもやっぱりその通りでぐもならなぃで。」
山地の稜 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
これよりしきをこそもちゐめ、汝等の貪りは世界にを踏みしきれるを擧ぐ 一〇三—一〇五
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
また「蓬ク転旋シ、直達スル者ニ非ザルナリ」とも、また「飛蓬ハ飄風ニ遇テ行ク、蓋シ蓬ニハ利転ノ象アリ、故ニ古ヘハ転蓬ヲ観テ車ヲルヲ知ル」
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
さて元禄の高田の御城下に細井昌庵といひし医師ありけり。一に青庵といひ、俳諧して凍雲といへり。
オヤ善かッたかい、そうかい、運の善方何方へ廻ッてもんだネー。それというが全躰あの方は如才がなくッて発明で、ハキハキしてお出でなさるからだヨ。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
しかるに学殖の富衍なる、老師宿儒もいまだ及ぶに易からざるところのものあり。まことに畏敬すべきなり。およそ人の文辞に序する者、心誠これをめ、また必ず揚※をなすべきあり。
呼寄て相談しけるに此お粂は元來生質らぬ者なれば唯手前勝手の事のみ言て一世話もなさゞれば母は大いに立腹なし親の難儀
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「我が汝兄の命の上り來ますは、かならずしき心ならじ。我が國を奪はむとおもほさくのみ」と詔りたまひて、すなはち御髮を解きて、御髻に纏かして、左右の御髻にも、御にも
よね おがそぎやん云ふなら、そツでかこてしとこう。こんにや果物と菓子ばちつとばつかり入れといたばい。そるから、もう忘れもんななかろね。
牛山ホテル(五場) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
 清光 えに照らす うの人〕
夏の町 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
盡し大岡殿より御褒美きし津國屋の嫁お菊にて其後人の世話によりれば斯るひに世を送りしなり然ば狂言とはにも知ず吾助は足にせてぐ程に芝神明前を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
煙草に気が附いた時鏡子はい事をしたと思つた。めた事をあんなに良人からばれた煙草だからと、さう思ふのであるが水色の煙が鼻の前にくのを見るとへ難くなつて座を立つた。
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
彼らの中の最大な一人、その生涯を今ここに我々が物語るところのその人がいったとおりに「私は以外には卓越の証拠を認めない。」