“博勞”の読み方と例文
新字:博労
読み方割合
ばくらう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あゝだ、よう、おつぎ、此處までてくんねえか」といつた。百姓にはいて村落博勞であつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
木曾馬いが、足腰丈夫で、よくくとつて、それをひに博勞毎年諸國からまります。博勞とは賣買商賣にするのことです。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
その父は博勞で、博徒で、そして近郷の顏役みたやうなことをも爲てゐた。初太郎はその父とは打つて變つた靜かな順良な少年で、學問も誠によく出來た。
古い村 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)