“處”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
ところ71.4%
しよ9.7%
どころ6.5%
とこ3.2%
1.9%
どこ1.3%
1.3%
ドコロ1.3%
0.6%
0.6%
しょ0.6%
とこれ0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で——番町下六此邊だからとつて、海月したやうな、石燈籠けたやうな小旦那たちが皆無だとはれない。
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
さまとならではおにもかじ、觀音さまのおりもいやよ、芝居花見さまならではと一トもとのかげにくれて
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
北八大丈夫だ、と立直つて悠然となる。此邊ぢんまりとしたる商賣ならび、しもたやとるは、産婆人相見、お手紙したゝめなり。
弥次行 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「そんぢや、わし蜀黍して見出あんすから、屹度んにつてんだから」といふにして小徑をうねりつゝつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
がこみあげてもなくしくさうしてしみ/″\とけた。勘次はそれをいた瞬間唐鍬がしてぶつりとつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ヂュリ おゝ、しや御坊樣か! 殿御何處にぢゃ? えてゐる、おゝ、さうぢゃ、そこへてゐるのぢゃ?
よりも暗くなつたの中では、明王像の立ちさへ見定められぬばかりになつて居る。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
さうして年々頻繁に、氏神其外の神々を祭つてゐる。其度毎に、家の語部大伴語造たちを呼んで、之にもない昔代の物語りをさせて、氏人に傾聽を強ひて居る。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
名利の外に身をけば、から嫉妬の念も起らず、憎惡の情もさず、山も川も木も草も、愛らしき垂髫も、き老婆も、我れに惠む者も、我れを賤しむ者も、我れには等しく可愛らしく覺えぬ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
ちやんはれは奇妙だとつて、近寄つててゐますと、やがて其中一人ふことには、『をおけよ、だね、五點!こんなに顏料ねかして!』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
手前じをりまするは是限り。内祝言乳母承知何事にまれ、不埓御檢斷ばれうならば、餘命幾何もなき老骨如何御嚴刑にもせられませう。
「おめえ、さういに自分えばかしかねえでせな」とめてるのをようとさへするつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
〔譯〕る者は能くを見る。顯にる者は晦を見ず。