“餘命”の読み方と例文
新字:余命
読み方割合
よめい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分老衰者であることをつためのないては、もすれば餘命幾何もない果敢なさをうて、それが戲談いうて笑語にさへえず反覆されて
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
手前じをりまするは是限り。内祝言乳母承知何事にまれ、不埓御檢斷ばれうならば、餘命幾何もなき老骨如何御嚴刑にもせられませう。
漁人となつて餘命るといへども、何日うて
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)