“送”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おく93.6%
おくり3.0%
1.5%
おくっ1.0%
1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たとえ、それをして、なつかしいとっても、ただ生活のまにまに、そのそのらなければならなかったのであります。
あほう鳥の鳴く日 (新字新仮名) / 小川未明(著)
愚僧は好事——お行者こそ御苦労な。江戸まで、あの荷物をと見えます。——武士は何とした、えて、手足が突張り、疲れたやうに見受けるな。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
ヂュリ すぐにくわいの。……縁談斷然め、をば勝手かしてされ。明日使ひをげませうぞ。
着物は塾に居るときも故郷の母が夏冬手織木綿の品をれましたが、ソレを質に置くとえば何時か一度は請還さなければならぬ。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
の花と某の花とを一緒にくれば「あなたを愛する」という意味になり某の花と某の花とを一緒に送くれば「私を愛して下さい」という意味になるとか
雑草一束 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)