あほう鳥の鳴く日あほうどりのなくひ
若者は、小さいときから、両親のもとを離れました。そして諸所を流れ歩いていろいろな生活を送っていました。もはや、幾年も自分の生まれた故郷へは帰りませんでした。たとえ、それを思い出して、なつかしいと思っても、ただ生活のまにまに、その日その日を送 …
作品に特徴的な語句
ざか ばたけ 交際こうさい じゅ うえ たたか すく うしな ただ きたな がた 故郷こきょう てん ゆび ばたけ じゅつ 地震じしん ゆる 負傷ふしょう 唐突とうとつ 弁解べんかい 彫刻ちょうこく かれ ねん のち 終日しゅうじつ 工場こうじょう ぬす 今日きょう きゅう いえ しつ 老人ろうじん 性質せいしつ あや しょく 主人しゅじん 大火たいか 生活せいかつ よる なか そと 両親りょうしん 夕暮ゆうぐ 理由りゆう あつか にん あらわ おぼ した 顔色かおいろ はな つか かた けむり えが どり ぐち あたま 樹木じゅもく あお かい 陶器とうき あいだ はい ひま 円形えんけい きん あか たよ ほう おしえ だま 毎日まいにち みなと のこ 病気びょうき しろ ある たか 眼鏡めがね むつ ただよ