“眼鏡”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
めがね96.8%
がらがら0.5%
がんきょう0.5%
これ0.5%
オペラグラス0.5%
グラス0.5%
レンズ0.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“眼鏡”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語13.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)6.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語2.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
やがてまた足音がして、こんどは頭をぴかぴかの時分ときわけにし、黒い太いふち眼鏡めがねをかけた若主人が現われた。
最後の胡弓弾き (新字新仮名) / 新美南吉(著)
眼鏡めがねはありませんか。緑青色の鳶だと言う、それは聖心女子院とかとなうる女学校の屋根に立った避雷針の矢の根である。
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
眼鏡がらがら蛇のやうなお前よ。
希臘十字 (新字旧仮名) / 高祖保(著)
飛行長は若い水兵さんに、眼鏡がんきょう、と怒鳴っておいて、眼を細めて熱心に沖のほうをながめはじめた。
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「ちょっと、眼鏡これへ目を当ててごらんなさい。梅ヶ辻から野中の観音のほうへうねっている一筋道を、桃色の日傘でゆくがたの女がありまさ。娘のような派手な衣裳いしょうで、鹿の帯揚、帯の色、たしかに、そいつがお米なんで」
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこで私も眼鏡オペラグラスを下しながら、その目礼に答えますと、三浦の細君はどうしたのか、また慌てて私の方へ会釈えしゃくを返すじゃありませんか。
開化の良人 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
その頃私は芝居へ行く時は、必ず眼鏡オペラグラスを持って行ったので、勝美かつみ夫人もそのまる硝子ガラスの中に、燃え立つような掛毛氈かけもうせんを前にして、始めて姿を見せたのです。
開化の良人 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
オペラ眼鏡グラスを目にあてて、
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
勇美子はもとの座に直って、机の上から眼鏡レンズを取って、くだんの植物の上にかざし、じっと見て、
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「水じゃあないの、これはこの苔が持っている、そうね、まあ、あの蜘蛛が虫を捕える糸よ。蟻だの、ぶゆだの、留まるとがさない道具だわ。あなた名を知らないでしょう、これはね、モウセンゴケというんです、ちょいとこの上から御覧なさい。」と、眼鏡レンズを差向けると、滝太郎は何をという仏頂面で、
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)