黒百合くろゆり
序 越中の国立山なる、石滝の奥深く、黒百合となんいうものありと、語るもおどろおどろしや。姫百合、白百合こそなつかしけれ、鬼と呼ぶさえ、分けてこの凄じきを、雄々しきは打笑い、さらぬは袖几帳したまうらむ。 …
作品に特徴的な語句
活々いきいき 薩摩さつま 不便ふびん 浅葱あさぎ かば かんな 藁草履わらぞうり 一期いちご 博多はかた 眉宇びう あさひ 身悶みもだ 馴々なれなれ 孤児みなしご 鉄漿かね 花片はなびら 土堤どて 為方しかた 見覚みおぼえ 請合うけあい 権柄けんぺい 胡乱うろん くら 回向院えこういん 大胡坐おおあぐら 肩衣かたぎぬ 可懐なつか 目深まぶか 未曾有みぞう 鳶口とびぐち 尾鰭おひれ 白山はくさん 濶歩かっぽ 引緊ひきしま 花弁はなびら 詮方せんかた ともえ 捗々はかばか 縷々るる 腕車くるま 一本ひともと 両人ふたり 名告なの 悪戯者いたずらもの 口吟くちずさ 賞翫しょうがん 堕落だらく ひぐらし 身顫みぶるい 片頬かたほ みまわ 突当つきあたり 破目やれめ 三年みとせ 屈竟くっきょう むぐら 冥途めいど 垢抜あかぬけ 火屋ほや 崩折くずお 金箔きんぱく 香炉こうろ 串戯じょうだん 手応てごたえ 馬丁べっとう 爪立つまだ 愁眉しゅうび 莞爾々々にこにこ 莨入たばこいれ 間口けんぐち 為人ひととなり 艶麗あてやか 草鞋穿わらじばき 道連みちづれ 上框あがりがまち 屑屋くずや 握拳にぎりこぶし 風説うわさ 一群ひとむれ 其等そいら 北国ほっこく 後毛おくれげ 御容子ごようす 東雲しののめ 物怪もののけ 隠蔽いんぺい 真先まっさき 内端うちわ 端居はしい しころ 駈出かけだ 蹶起はねお 曳出ひきだ 処々ところどころ 呵々からから 近々ちかぢか 洋杖ステッキ 鍍金めっき 何等なにら