黒百合くろゆり
序 越中の国立山なる、石滝の奥深く、黒百合となんいうものありと、語るもおどろおどろしや。姫百合、白百合こそなつかしけれ、鬼と呼ぶさえ、分けてこの凄じきを、雄々しきは打笑い、さらぬは袖几帳したまうらむ。富山の町の花売は、山賤の類にあらず、あわ …
作品に特徴的な語句
なかば ばいり やッ なッ てええ みッ おめえ 良人ていし わッ づかめ ゆるぎ うまれ はずれ のめ たり かたまり かぶり 良人ていしゅ はした やつ なず おっか よし 美人たぼ 莞爾にこや 女房おかみさん 母親おッかさん あわい いつぞ おいら くつろ あせ すわ うッす びと うごき せわし 湿しめり あく かけもの あし やめえ 耳朶みみもと おとな 引懸ひッか おこない かんばし 匕首ナイフ わずらい ひねり づたい あかし じか みおろ くる てめえ そッ いい あかし ひと むこう 莞爾にこり ほん てあい なんに おそろし あぶの くずれ ずき 取換とッか 退しさ つたえ 追懸おッか さきん わっち うけが なず しま きたね やか ひらく 各自てんでん じき 引捕ひッとら つやや 出合だしあい せなか きまり かえり 支那ちゃん ぱね すかし さかさま かす ある