“被”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かぶ49.1%
17.8%
おお5.7%
こうむ4.3%
かつ3.7%
2.7%
かむ2.2%
おほ2.1%
かず1.7%
かうむ1.7%
はお1.2%
かづ1.0%
かか0.7%
おおい0.4%
かぶり0.4%
0.4%
かぶさ0.3%
こうぶ0.3%
カブ0.3%
かうぶ0.2%
0.2%
かつぎ0.2%
かずき0.2%
かがふ0.2%
ぱり0.2%
0.2%
かう0.2%
かぶっ0.2%
かゝ0.2%
きせ0.2%
0.2%
はめ0.1%
0.1%
あふ0.1%
おい0.1%
かいまき0.1%
かけ0.1%
かふむ0.1%
0.1%
くだ0.1%
はふ0.1%
はを0.1%
ひら0.1%
0.1%
よぎ0.1%
カツ0.1%
カヅ0.1%
カヾフ0.1%
コウム0.1%
ベール0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は麦稈帽子った妹の手を引いてあとから駈けました。少しでも早く海の中につかりたいので三人は気息を切って急いだのです。
溺れかけた兄妹 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
「備前屋は古い暖簾だ。そこのひとり娘が熊にられるところを助けて貰ったんだから、向うじゃあどんなに恩にてもいいわけだ」
半七捕物帳:29 熊の死骸 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
粗末な箱型をしたものに、とはほんの名ばかりの、継ぎはぎだらけのいろの布をっただけのものである。馭者台なんぞもない。
大和路・信濃路 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
先生はこの頃になって酒をること益々だしく倉蔵の言った通りその言語が益々荒ら荒らしくその機嫌愈々かしくなって来た。
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
はらはらとその壇のに、振袖、詰袖、揃って手をつく。階子の上より、まず水色のを引く。すぐにぎたる姿見ゆ。
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
夜半咽喉りつくような気がして、小平太は眼を覚した。気がついてみると、自分はちゃんと蒲団の上に夜着をけて寝ていた。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
かく判明せる原因は、要保護人を署内(目白署)に収容せる後に至りて、該人物が巧妙なるり居たることを発見せるにる。
鞄らしくない鞄 (新字新仮名) / 海野十三(著)
げにやなく御稜威は光被する。鵬翼萬里、北をひ、大陸をみ、南へ更に南へびる。曠古未曾有の東亞共榮圈、ああ、盟主日本。
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
元気なのは、れ三味線を借りて来て爪弾きをしているし、皮膚の青白いのは、もう夜のいで、壁に向って寝こんでいる。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
肩先を斬られたまゝ逃れ、隣家の庭前に監視してゐた、桑藩士本間某を斬り、黒川某に重傷をらせ、馳せて河原町の藩邸に向つた。
尾をんで、にょろりと引立てると、青黒い背筋がって、びくりと鎌首をげる発奮に、手術服という白いのをったのが、手を振って、飛上る。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
つかた娘の風の心地に、いと寒しと云へば、へ往きてきて寝よと云ひしかど、一人往かむはさうざうし、誰にまれ共に往きてよと云ふ。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
その面色、その声音! 彼は言下皷怒して、その名にらんとするを示せば、愛子はき、狭山はれて、何事とも知らず狼狽へたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
寝衣をかき合せながら立っていってみると、をかけた行燈のそばに、源六が前跼みになって、しきりになにかしていた。
柳橋物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
一人ひろゝよりり(ひろゝは山にある艸の名也、みのに作れば稿よりかろし、猟師常にこれを用ふ)穴にそろ/\と入り
うときにはを投じ、したるときにはち、ちにいて診したのは、少時のき経験を忘れなかったためだそうである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
ゆる荒熊と一しょにもがれう、にも幽閉められう、から/\と骸骨向脛ばんだのない髑髏夜々らうと。
金色の微光をること、ち太子の祈りの息吹にふれることのようにも思われ、御一族の悲願が、いよいよ私の心に刻印されてくるのであった。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
紐を解き敷いて、折り返しれば、やがて夜のにもなりまする。天竺の行人たちの著る僧伽梨と言ふのが、其でおざりまする。早くお縫ひあそばされ。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
が三人あつて、名をと云つた。与助の妻は酒をつて大言する癖があつて、「女が三人あるから、一人五百両と積つても千五百両がものはある」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
院長は汚點だらけの上つりを着て、口の聞きやうからが、いら/\した、物に構はないやうな、氣の置けない醫者であつた。
赤い鳥 (旧字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
午食前に、夫妻鶴子ピンを連れて田圃に摘草に出た。田のの猫柳が絹毛を脱いでろい花になった。路傍草木瓜にふくれた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
の外へ躍出でて、虚空へさっと撞木いた風に乗って、いが火焔のようにったのを、よくも見ないで
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ここにその后に語らひて、「思ほすことありや」とのりたまひければ、答へて曰さく「天皇の敦きりて、何か思ふことあらむ」
門を出る頃には、もう弟子の誰彼に追ひつかれて、は滅茶々々にられ、若者の手には片袖一つしか残つてゐなかつた。
罪の汚名は敗者にはされむ、是世俗の常なればなり、されど神罰眞に罪ある者に下るに及びて敗者も汚名を雪ぐを得べし
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
かくてあたかも假面むれる人々が、己を隱しゝの姿を棄つるとき、前と異なりて見ゆる如く 九一—九三
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
すると、闇の中から私に近づいて来た鳥打をた男がありました。前と丸切り違った落着いた声で
ある抗議書 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
壁側に積重ねた布團には白い毛布がつて、其に並んだ箪笥の上に、枕時計やら鏡臺やら、種々な手𢌞りの物が整然と列べられた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
唯こんな場合にはい細君よりは美しい方がずつと恰好なものだ、丁度帽子をる頭は禿げたのよりも、髪の毛の長いのが恰好なやうに。
圖星であらうが?……(ロミオらに對ひ)ようこそ! 吾等とても假面けて、美人りさうないたこともござったが、あゝ、それは過去ぢゃ、い/\過去ぢゃ。
探偵は死骸の着物の衣嚢から何やらびた様な物を取り出した、熟く見ると彼の松谷秀子が左の手にて居た異様な手袋である
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
れはらねどにやまれし學士ひし半句れず、此袖をかくらへてつとしかばかへりんとひながらにせられしのおくことは出來
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
また活きてゐる間溌溂たる意氣に日毎酒をツて喧嘩を賣𢌞ツた元氣な勞働者もあツたらうし
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
みんなのくれた玩具も足や頭の所へ押し込んだ。最後に南無阿弥陀仏の短冊を雪のように振りかけた上へをして、白綸子をした。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
女は起っての上にあがった。南はぼんやりそれを見ていた。女は榻にあがって横になるなり、を取って顔の上から被った。
竇氏 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
で、私はまた上り口へ行って、そこに畳み寄せてあった薄いのような襤褸布団を持ってきて、それでもと二枚延べて、そして帯も解かずにそのまま横になった。
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
に、なりけり。三人じくむ、蒋侯伝教はして使者さす。く、不束なるども、卿等栄顧る、不思議なる御縁祝着ずるもの
甲冑堂 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
由さんは若いころ小博奕に凝って、横須賀のなんとか親分の身内になり、銀せの木刀を腰に差し、テラ箱を担いで田浦衣笠の辺を走りまわったこともあったそうで
春の山 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
庚午、皇子大津を訳語田賜死らしむ。時に年廿四。妃皇女山辺徒跣にして、奔赴きてぬ。見る歔欷く。皇子大津は天渟中原瀛真人天皇(天武天皇)の第三なり。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
マウパツサンの墓が見附からないので広い墓地を彷徨いて探して居ると、瑠璃紺の皺だらけのマントウをつた老人の墓番が一人通つたので呼留めて問うた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
今夕はもう心の上につたものは脱ぎすて、素つ裸になつて、盛んに感情をのみ動かして居た。
公判 (新字旧仮名) / 平出修(著)
三九郎貞昌は、すぐいて、一読していたが、しきりとその手紙を鼻にあてていでいた。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
或被酒僵臥 或は酒にいて僵臥
向嶋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
小翠は平気で笑いながら元豊のきあげての上に置き、体をすっかり拭いて乾かし、またそれにを着せた。夫人は元豊の死んだことを聞いて、泣きさけびながら入って来て罵った。
小翠 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
此等の燈籠が我々の軒端に移つたのも其後の事であらう。踊りにぐ花笠も、依代の本意を忘れて、めい/\に被いだまゝで、自然導かるべき問題は、切明の神事と盆踊りとの関係である。
盆踊りと祭屋台と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
前に述べた田楽師がすばらしい花藺笠をくのも、元よりましであつた事を暗示するものであらう。
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
だが、もつと古代には日つぎのみ子の中から一柱が日のみ子として、みあれせられたのであつた。其間の物忌みが厳重であつた。此が所謂真床襲衾を引きつて居られる時である。
貴種誕生と産湯の信仰と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
、乱世ニ生レテ、身ヲ農迹ス所ニ、先帝三顧ノ恩ヲウケ、孤子ヲ託スルノ重キヲル。ニヨリテ、不才、犬馬ノ労ヲ尽シ、貔貅ノ大軍ヲ領シテハ、六度、祁山ノ陣ニ出ヅ。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
然しそれは、苛ら苛らした興奮や、一種の敵意や、漠然とした佗びしさのを通して見た情慾であった。
球突場の一隅 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)