世間師せけんし
それは私がまだ二十前の時であった。若気の無分別から気まぐれに家を飛びだして、旅から旅へと当もなく放浪したことがある。秋ももう深けて、木葉もメッキリ黄ばんだ十月の末、二日路の山越えをして、そこの国外れの海に臨んだ古い港町に入った時には、私は少 …
作品に特徴的な語句
かけ やじ くっ 彷徨ほッつき どきっ じょう めずら こだ めい けえ せせ こぼ 湿 まご うぬ てあい わっし ふくろ まわ 田畑でんち たか ともし はずみ ぬく 明朝あすのあさ しょんぼ へッつい 突端とっぱ 午後ひるから 阿母おっかあ 背負しょい 墨汁すみしる とが うらめ つら くるま 振鈴ふりりん 端折はしょり ぬら めえ とぼ いき 転々ごろごろ 身辺みのまわり 精々せっせ 空腹すきはら ひも つま きた わし 目映まぶ まばら くすぶ あや 垂下ぶらさ うしな けえ うっす たく くる こし かみ きたな 破目やぶれめ しま 群衆ぐんじゅ きれ 点灯ひともし 湿 荒家ぼろうち 気色きしょく 歯軋はぎしり しき つか なぐ 擦違すりちが さら ちかづ たぶさ ひさし 干鯣ほしするめ しゃが 合力ごうりょく 垂下ぶらさが さから つら