世間師せけんし
それは私がまだ二十前の時であった。若気の無分別から気まぐれに家を飛びだして、旅から旅へと当もなく放浪したことがある。秋ももう深けて、木葉もメッキリ黄ばんだ十月の末、二日路の山越えをして、そこの国外れの …
作品に特徴的な語句
薄縁うすべり 困憊こんぱい 矢立やたて 夢現ゆめうつつ 甲羅こうら 火屋ほや 破目やぶれめ えび 舌打したうち 利腕ききうで 餉台ちゃぶだい 布哇ハワイ 中年増ちゅうどしま 午前ひるまえ かかあ 家並やなみ 当前あたりまえ 歯軋はぎしり 笑談じょうだん 精々せっせ 金巾かなきん 天辺てっぺん 焼鏝やきごて すぼ 金切声かなきりごえ せせ 出水でみず 合力ごうりょく 素裸すっぱだか 剰銭つり 土方どかた のが 板木はんぎ 稼人かせぎにん くるま 博打ばくち 墨汁すみしる 如露じょうろ 針線はりがね 空腹すきはら 本当ほんと はしゃ 白金巾しろかなきん 明朝あすのあさ 田畑でんち 末始終すえしじゅう 言囃いいはや 向河岸むこうがし 垂下ぶらさが 狎々なれなれ 身辺みのまわり 擦違すりちが 見様みよう くど 棒手振ぼてふり 目映まぶ 突先とっさき 酔漢よいどれ 岩畳がんじょう しゃく どきっ 出抜だしぬ 群衆ぐんじゅ 塗柄ぬりえ 転々ごろごろ ひも 周辺まわり 干鯣ほしするめ 荒家ぼろうち 突端とっぱ 為向しむ 黄銅しんちゅう 小穢こぎたね 忠々まめまめ 振鈴ふりりん 独法師ひとりぼっち 鈍痴漢とんちき 新入しんいり まつ 向地むこうじ さす 点灯ひともし 空俥からくるま 笑様わらいざま 軒行灯のきあんどう