“拵”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こしら72.2%
こさ13.9%
こし6.7%
こせ2.3%
ごしら1.9%
こしらえ0.9%
こしれ0.5%
こしらへ0.5%
しつら0.4%
あつら0.2%
つく0.2%
こさへ0.1%
こせへ0.1%
ごし0.1%
さば0.1%
そろ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この型を以て未来にむのは、天の展開する未来の内容を、人の頭でえた盛終せようと、あらかじめ待ちけると一般である。
イズムの功過 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「皆んなと一緒に晩飯をやつて居ました、——腹をへなきや、一と働きする力も出ません。何しろ半日怒鳴つて居る商賣ですから」
最初から客観的にある目的をらえて、それを人間に附着するのは、其人間の自由な活動を、既に生れる時に奪つたと同じ事になる。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「なんとどうでございます。声が悪くって節は附かぬが、新聞種には面白いよ。大方こんな事だろうと、昨夜えておいた。」
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
もっとも常に足えがよければそんな患いもないのだが、草鞋を毎日新しく買うのも惜しく、又、買うにも買えない日の方が多いのである。
時にお登和さん、私はこういう話を聞ました。東京のある氷店の主人が大層アイスクリームを上手に平生客に自慢するそうです。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
んながらこう見えても、余所行きの情婦があるぜ。待合へ来て見繕いでえるような、べらぼうな長生をするもんかい。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
何所迄恰当戸棚けるとつてあつて、ズーツと口分して世辞の機械が並んでる。
世辞屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
壁の中の隠し金庫——伯爵の書斎の書棚裏にえられた隠し金庫を探しても、宝石貴金属類は、もはや、まったく皆無であった。
グリュックスブルグ王室異聞 (新字新仮名) / 橘外男(著)
其瞬間息がつまるように感じた。こんなに綺麗でそして雄勁な山の膚や輪廓を見た事がない。余り綺麗なのでえた物ではないかと、不図そんなが浮んだ程である。
美ヶ原 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
磯屋跡の背戸口に、時折堅気にった八丁堀の三人がひそかに誰かの冥福を祈っている図は、絶えて人の眼につかなかったらしい。
羽織のお色気取合いこと、本当身装旦那が一上手だとがさうつてるんですよ、あのね此春洋服らしつた事がありましたらう、黒の山高帽子つて御年始
世辞屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
夫ぢやアて下さるか如何吾儕がことをて見せようが此姿では如何詮方がねへ付ては身姿るだけ金をば五兩貸てくれ。
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「やっぱりそうですね、あっし共がお侍の真似をすると猿芝居だが、お侍の町人らえてえのは品がようござんすな、まあ一つ、こんな人間の酒で失礼だが、旦那のはいま燗直しをしていますから」
七日七夜 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
「(金子だ、金子だ。)ッてのッけから、器用にいておくんなすったで、こりゃ、もし。」
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
これを上等にしますとプデンの出来た時一旦テンピから出してジャムをその上へ一面に塗って泡立てた白身を引筒から絞り出して飾りをえた上またテンピの中で二、三分間焼きます。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)