“羽織”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はおり75.0%
はお15.1%
はをり3.9%
ばおり3.9%
はおっ0.7%
ばをり0.7%
ジヤムパア0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いまごろになると、毎年きまって、いけなくなるらしいのね。寒さが、こたえるのかしら。羽織ないの? おや、おや、素足で。」
秋風記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
その間に、女中頭の菅沼るい(五十歳)白い毛糸のジャケツを、つたからだに軽く羽織つて勿体らしく右手のホールから現はれる。
(新字旧仮名) / 岸田国士(著)
は三かけ草履仕事師息子、一はかわ金巾羽織兵子帶といふ坊樣仕立はうらはらに、しはひがちなれど
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
最も奇とすべきは溝部で、或日偶然来て泊り込み、それなりに淹留した。夏日に袷羽織として恥じず、また苦熱のをも見せない。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
高等学校の教授が黒いガウンを着出したのはその頃からの事であるが、先生も当時は例の鼠色のフラネルの上へ繻子か何かのガウンを法衣のように羽織ていられた。
今日ならではの花盛りに、上野をはじめ墨田川へかけて夫婦づれをしみ、隨分ともりの体裁をつくりて、つてきの一てう良人黒紬つき羽織女房博多しめて
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
百合子の丸窓を見ると、駆け込んで来た彼女が、羽織を脱ぎ棄てゝ露はな腕に何か箱のやうなものを抱へて、また走り出て行く姿が映つたりした。
南風譜 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)