われから
霜夜ふけたる枕もとに吹くと無き風つま戸の隙より入りて障子の紙のかさこそと音するも哀れに淋しき旦那樣の御留守、寢間の時計の十二を打つまで奧方はいかにするとも睡る事の無くて幾そ度の寢がへり少しは肝の氣味にもなれば、入らぬ浮世のさま/″\より、旦 …
作品に特徴的な語句
可憐かわいさう 微笑びよう せう わる こと くた 仰向あほのけ あたら さゝ 化粧げしよう ひゞ おひ びら ひと おは おは ぢよう をう うる 此家このいゑ まうす あた けふ おほ おく そこ 遠方ゑんはう こゝろざす あき いゑ 無情つれなく いぢ やつ よこ 心配しんはい あく かゝ とゝ 職業しよくげう あか 提燈てうちん あけ 東京とうけう 外出ぐわいしつ まをす ねふ ちようず よし ばな 身上しんじよう 似合にあふ ゑい あげ 小兒ちご 正直しようぢき 奴婢ひと しよく うま なほ くれな ゑん 腹立はらたゝ 良久やゝひさ 言上ごんじよう 兄弟きようだい おほ よい てう せう 成長おほきう もて さづか 昨日あす 小兒ちいさい 最中たゞなか あら 女房にようぼう まをし 端折はしおり 可愛かはゆ 群集くんじゆ 其家そのや くわつ かたじけ ちう