“小兒”のいろいろな読み方と例文
新字:小児
読み方割合
こども71.8%
せうに10.3%
ちツさい5.1%
がき2.6%
こせがれ2.6%
こぞう2.6%
ちいさい2.6%
ちご2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すぐの、ものの草花屋綿屋いて下駄屋から、小兒四五人ばら/\とつて取卷いたすやうに涼傘をはづして
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
一人であれば、なら見舞もし、ぶりに故山をもめたいとの願望丁度小兒のこともあるので、らば機會にといふので
今は何處に家を持つて、お内儀さんも御健勝か、小兒のも出來てか、今も私は折ふし小川町の勸工場見物に行まする度々、舊のお店がそつくり其儘同じ烟草店の能登やといふに成つて居まするを
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
だとふ、でなけりや、小兒なんぞれちやねえ。う、思切つて飛込め。生命がけで突入れ! にやいたつて、にはぬるいや。
銭湯 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
拔群小兒なり、尋常なる鬼胎より
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
とばかりで、小兒を、の、せめてもへ、んで居直らせた。
銭湯 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
月給の八はまだ昇給沙汰し、此上小兒れて物入りがんで、人手るやうにつたら、おがたがとする、美尾虚弱身體なり、良人けて手内職といふも六ツかしかるべく
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
小兒くしきさまるべきを、格子よりふに燈火ぼんやりとして障子るかげもし、お美尾美尾ながらるに、へはえて
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)