鬼桃太郎おにももたろう
むかし/\翁は山へ柴刈に、 媼は洗濯の河にて、拾 ひし桃實の裏より 生れ出でたる桃太郎、 猿雉子犬を引率して この鬼个島に攻來り、 累世の珍寳を分 捕なし、勝矜らせて 還せし事、この島末 代までの耻辱なり、 あはれ願はくは武勇 勝れたる鬼の …
作品に特徴的な語句
びやく さい すき おこ 退もど なんち どり さき ばゞ ぢゞ よき さかだ まじはり りよう ふみ それかし とむ につ くわう とひ 自家みつから つゞけ うとま しば なん みき ぬかづ げん かうふ やまひ 夫婦われら めい うま 彼奴かれめ それがし ひま まとひ 瞬時またゝくま わらは さゝ はき 龍王りようわう 言上ごんしやう ゆき 絶頂いたゞき うつ 大洋おほうなばら ぢん のむ ふく どう うへ さが おほ さふら をつと つかま おそれ あら たつ るゐ 立留たちとゞま 契約ちきり 湖水みづうみ まへ 小兒こせがれ あがな きよ 震慄おのゝ にはか りやう まつ 放下ほけ 北方ほくはう 御許おんゆるし した さふらふ 強敵がうてき 懈怠おこたり わが 可笑をかし ふつ ひゞき ふれ とつ たとへ じゆつ かへつ 届出とゞけい 泡立あはだつ 累世よゝ きた
題名が同じ作品
鬼桃太郎 (新字新仮名)尾崎紅葉 (著)