“出立”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゅったつ41.3%
いでた19.8%
いでたち12.7%
しゆつたつ9.5%
でたち3.2%
でた2.4%
でたて2.4%
いでだち1.6%
たた1.6%
しつたつ0.8%
0.8%
たちいで0.8%
たっ0.8%
たつ0.8%
たて0.8%
でだ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「それなら善は急げというから、明日にも出立しよう。」と、言いました。そしてその晩は、みんなで色々出立の用意をしました。
三人兄弟 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
あはれ新婚げて、一年かならず、戰地つて出立つたには、んでかなかつたのも、嬉涙れたのであつた。
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
に參らんとより受出して來たる衣服省愼の大小をし立派なる出立に支度なして居たる處へ同じ長家に居る彼張子釣鐘
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
せしとて甚だ通なり出立の時に曰く木曾海道美人に乏し和田峠西もちや村の餅屋に一人また洗馬に一人あり洗馬のは未だ其比を
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
昔、親鸞がこの寺に来て滞在しいよいよ帰ろうという日に、出立の膳の箸を取って、御堂の庭にさしました。阿弥陀如来の大慈大悲には、枯れた木も花が咲く。
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
腹掛だけをヅタツと謂ったり(北飛騨から能登)、だけをデンタツというもあるが(秋田県)、元来は「出立ち」だから、仕事着の全体を一括していうのが正しいのである。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
それから東京出立には非常いので、ゑてすと、大抵宿屋はない、三度々々つちやだとして、またはした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
ちょうど立派な風采だけをつけたようなもので、容貌風采、出立がよいのであります。その出立に日本人は眩惑されております。
じみなる着ものを俄の詮索、見苦しからず調へていざとばかりその夕ぐれに浅木様を、出立せましたまひたる後は。
葛のうら葉 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
同時に、自分のめてゐる銀行の、京坂地方のある支店詰になつた。代助は、出立の当時、新夫婦を新橋の停車場に送つて、愉快さうに、帰つて来給へと平岡の手を握つた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
これからは会得したその術を実地に当たって試すばかりだ、それには漫遊が一番よい。諸国修行に越すものはない。常陸を出立たせるのはそのためじゃよ
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
出立ひ居たり此三人の中頭立たる一人は甲州にて名高き惡漢韮崎出生の雲切仁左衞門といふ者なり若年より心にして眞影流劔術
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ヤ細川! 突如出発ので驚いたろう、何急に東京を娘に見せたくなってのう。十日ばかりも居る積じゃったがることばかりだったから三日居て出立った。
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
お前が此家に居る内はの、太一は怒る、お前が泣く。どちらももつとももつともと聞いてはおれが堪まらぬじや。おれがせつぱを助けると、思ふてちやつと出立てくれ。
移民学園 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
持っていなければ困るだろうと思う。だから僕は父に頼んで来年の三月までの給料は全部僕が貰うことにした。だから四月早々は出立るだろうと思う
非凡なる凡人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
はげた茶の帽子に、藍縞尻切出立ちと、陽炎さえ燃やすべき櫛目の通ったの色に、黒繻子のひかる奥から、ちらりと見せた帯上の、なまめかしさ。すべてが好画題である。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)