“いでたち”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イデタチ
語句割合
扮装58.2%
打扮9.0%
出立7.9%
服装4.8%
装束3.7%
扮裝3.2%
扮粧2.6%
1.6%
身装1.6%
1.1%
風体1.1%
打份0.5%
啓行0.5%
打揃0.5%
旅裝0.5%
服裝0.5%
行装0.5%
衣装0.5%
衣裝0.5%
装衣0.5%
身裝0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白地に星模様のネクタイ、金剛石針留の光っただけでも、天窓から爪先まで、その日の扮装想うべしで、髪から油がけそう。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
目科の今日の打扮もより遙か立派にして殊に時計其他の持物も殆ど贅沢の限りを尽しう見ても衣服蕩楽
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
洋服出立で鉄砲をもった若い男三四人、それに兎だの鴨だの一ぱい入れた網嚢いだ男が一人——此れは島の者だ——どやどや騒いで立って居る。
漁師の娘 (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
渠は紳士というべき服装にはあらざるなり。されどもその相貌とその髭とは、多くべからざる紳士の風采を備えたり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
白い著物、白い、手は足は、すべて旅の装束である。頭より上に出た杖をついて——九柱。この坦に来て、森の前に立つた。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
怪我人ばれたのだと勘次ぐにつてさうしてだか悚然とした。業々しい自分扮裝ぢて躊躇しつゝ案内うた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
葉子はそんな人間からは一段も二段も高い所にいるような気位を感じた。自分の扮粧がその人たちのどれよりも立ちまさっている自信を十二に持っていた。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
扉を排して入って来たのは、年の頃四十二三の、骨と皮ばかりに瘠せた背の高い男で、喪服のような黒づくめのをし、眠そうに瞼を垂れた極めて陰気な人物である。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
同じく有竹松太郎——これは商売が独楽廻しなので、身装もそれにやつしてい、さらに虚無僧に身を変えている、関口勘之丞と僧の範円——以上が同伴しているのであった。
猫の蚤とり武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
さて二ばんに仮面をあてゝ鈿女たる者一人、のさきに紙に女阴をゑがきたるをつけてかたぐ。
夜光を背にしてよくは見えないが、つんつるてんの紺飛白に白い兵児帯を太く巻いて、後世の英傑西郷先生の元祖みたいな風体だ。髪は、戦国風の太茶筌。釣竿を差し伸べて片手に魚籠げている。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
わずかに店の余地での綿服にがけのボオイが曹達水の給仕をしており、手狭な風月の二階では、同じ打份の男給仕が、フランス風の料理を食いに来る会社員たちにサアビスしていた。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
松島はすらりとしたせ形で、上等の上布錦紗兵児帯をしめ、本パナマの深い帽子で禿を隠し、白足袋雪踏穿きという打份で、小菊や品子を堅気らしく作らせ、物聴山とか水沢の観音とか
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
第二の妙は初齣をゆること一等なりき。これヂドとエネエアスとの對歌なり。ヂドは無情なる夫のせめては啓行の日をうせんことを願へり。君が爲めにはわれリユビアの種族をめき。
すると軌道沿ふて三田舍者小田原城下るといふ旅裝えるのはの、えるのは老母の、からげた頑丈らしいのは老父さんで
湯ヶ原より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
旅僧年紀四十二三、全身せて、く、く、耳許よりよりまで、ひたり。けたる袈裟せて、法衣れたるが、服裝れば法華宗なり。
旅僧 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
例の、人目を驚かすばかりな風流行装で、小鷹狩りの帰りを、佐々木道誉、秀綱の父子が、従者大勢と共に東山の妙法院のそとを通りかけた。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
折からとある茶屋の床几に腰掛けゐたりし、廿五六の優男、ふし結城の羽織に糸織の二枚袷といふ気の利きたる衣装にて、商家の息子株とも見ゆるが、お糸を見るより馴れ馴れしげに声かけて
心の鬼 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
ですか、は』とんだ二十七八、面長淺黒く、鼻下き八あり、人々洋服なるに引違へて羽織袴といふ衣裝
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
青年の入り来たれるを見て軽くなしつ、孫屋の縁先に置かれし煙草盆よりは煙真直にたちのぼれり。君が今朝装衣はと翁まず口を開きてやや驚けるようなり。
わかれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
りゅうとした身裝をしたこの紳士の、威風凛々たる面構えは、わいわい囃し立てていた野次馬どもにも、大いに威壓的な效果を生んだ。笑い聲はぱったりやんでしまった。