“引違”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひきちが75.0%
ひきたが25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
引違ひきちがへて旦那樣だんなさまのやうな無口むくちさまへ嫁入よめいつてたはうかいふ一時いちじ間違まちがひでもあらう
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
鼻下びかき八ひげあり、人々ひと/″\洋服やうふくなるに引違ひきちがへて羽織袴はおりはかまといふ衣裝いでたち
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
大略あらまし出来しゅったいした頃、丁度ちょうど私と引違ひきちがえての別荘へ避暑に出かけた貴族エル何某なにがし
画工と幽霊 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
これは素跣足すはだし入交いりちがひになり、引違ひきちがひ、立交たちかはりて二人ふたりとも傍目わきめらず。
弥次行 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
かへりませう、かへりませう、えゝもうわたしおもつたとみち引違ひきちがへて駒下駄こまげたかへせば
うらむらさき (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
とりさまへ諸共もろともにとひしをみち引違ひきたがへてかたへと美登利みどりいそぐに
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
お酉さまへ諸共もろともにと言ひしを道引違ひきたがへて我がかたへと美登利の急ぐに、お前一処には来てくれないのか、何故其方そつちへ帰つてしまふ
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)