“顏”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
かほ75.5%
がほ15.6%
つら3.4%
かんばせ2.0%
かほばせ1.4%
かお0.7%
づら0.7%
とほ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この夏もお先や何かで久しくを合せなかつた二人、さて新秋になると、うは海で勉強して大にくなつたと自を持ち
した、……は、のまゝけさうに俯向いて、をしばたゝいた、とると、がぶる/\とへたのである。
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
けふもけふとて、ぐでんぐでんに御亭主醉拂へてかへつてると、おさんが山狼のやうなをしててました。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
千束なす我が文は讀みも了らで捨てやられ、さそふ秋風に桐一葉の哀れを殘さざらんも知れず。てや、あでやかなる彼れがは、浮きたる色をづる世の中に、そも幾その人を惱しけん。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
ぎるはひていよ/\ならんとする雨後春山ます/\ならんとする三五いと容姿ばかりなり
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
かように言い終つて結婚をなさつて御子の淡路のホノサワケの島をお生みになりました。次に伊豫二名の島(四國)をおみになりました。この島は一つにが四つあります。
おむかうの菊石だんな。おほゝゝゝ。なにをそんなにおぎなの、大抵めなさいよう。いくらかんがえたつて、みつともない。一そのおぢやはじまらないんだから
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
先方公立なりとて唱歌本家のやうなをしおる、去年一昨年先方には大人末社がつきて、まつりの趣向れよりはかせ、喧嘩手出しのなりがたき仕組みもりき
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)