“づら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヅラ
語句割合
91.4%
6.4%
1.4%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
要するに今のところはチェーホフという人が深刻ぶったからも、百姓的な粗野からも、歯ぐきを見せるような野卑な笑いからも
千穂子は今は一日が長くて、住みかった。をつくってへ持って行くと、姑のまつは薄目を明けたままっていた。
河沙魚 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
やす ピポオつて好かんやつ、そぎやん時ばつかり、役人して……。
牛山ホテル(五場) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
おむかうの菊石だんな。おほゝゝゝ。なにをそんなにおぎなの、大抵めなさいよう。いくらかんがえたつて、みつともない。一そのおぢやはじまらないんだから
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)