河沙魚かわはぜ
空は暗く曇って、囂々と風が吹いていた。水の上には菱波が立っていた。いつもは、靄の立ちこめているような葦の繁みも、からりと乾いて風に吹き荒れていた。ほんの少し、堤の上が明るんでいるなかで、茄子色の水の風だけは冷たかった。千穂子は釜の下を焚きつ …
作品に特徴的な語句
づら ある さい 明瞭はっき あせ 利潤りじゅん やわらか じょう たが かご 太々ふとぶと かか くだ けむり ぬす 今日きょう ひび から 隆吉りゅうきち ひき うか かな よご 執着しゅうちゃく つつみ ふさが むすめ よめ さつ 讐敵しゅうてき だれ 小柄こがら くら こわ ふすま 産婆さんば 田舎いなか 白猫しろねこ 百姓ひゃくしょう 皮膚ひふ しわ まゆ 真中まんなか ねむ なが いの かまど たけのこ はし せき 納戸なんど ひも 結婚けっこん あみ 縁側えんがわ しげ はだ かた 肺炎はいえん 胴体どうたい 脊筋せすじ あし こし もも ぜん 臆病おくびょう へそ 良人おっと つや しん こけ 茜色あかねいろ 菱波ひしなみ 葛飾かつしか あし 薄目うすめ まき 雌雄しゆう 闇市やみいち すみ 隣町となりまち ふる 霜江しもえ 闇屋やみや