“筍”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たけのこ93.3%
たけ2.9%
たかんな2.9%
カツポウ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一年に一度しかない、のきまつてゐるだとか、松茸だとか、さう云ふものを食べても、同じ意味で何となく心細く思ふのであつた。
風呂桶 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
まだ大事そうに懐に入れていたの皮包を取り出すと、それを木戸口や、五味箱の上や、彼方此方へ持って行ってウロウロした。
猫と庄造と二人のおんな (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
昔と語りづるほどでもない、殺された怨恨で、血の流れた床下の土から青々とした竹が生える。の(力に非ず。)さを何にたとうべき。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
・子供が駈けてきてによきりと抜いたぞ
其中日記:06 (六) (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)