“橙”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だいだい82.6%
だい/\8.1%
オレンジ7.0%
たう1.2%
だい/″\1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
普通焚火の焔ならいろをしている。けれども木によりまたその場処によってはに赤いこともあれば大へん黄いろなこともある。
と笠と柿を賣物にして、『親代々つかき』と呼んだといふのは小噺にあるが、それとは少し違ふやうだな、八」
周囲の団子雲を見ていると、いつとなく(私は揺する、感じる、私は揺する)の、甘い詩のが思い出されてきて、心に明るい燦爛が輝くのだ。
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
青き丘の別れや葛の花」
微笑 (新字新仮名) / 横光利一(著)
午前二時頃にを入れたアメリンカンと云ふ𤍠い酒や玉子焼などをへて見舞に来てれたりする。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)