“オレンジ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
35.3%
橙色17.6%
香橙11.8%
橘柚5.9%
洋橙5.9%
橙樹5.9%
橙花5.9%
香橙色5.9%
黄橙色5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なんの気なしに「座長、一天斎驚倒師」と大きく朱で書いてある橄欖のリボンで飾られた写真姿を見たとき
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
靄に濡れたの円い小石が、まだ薄すらと橙色を止めた青い空を映している。そして落葉の上に白い霜が、また枯れかかった草の葉に露の玉が、朝日にきらきらと輝いている。
湖水と彼等 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
東京の町中の四季を語っているような水菓子屋の店頭には、冬を越した林檎や、黄に熟した蜜柑香橙などの貯えたのが置並べてあった。二月末のことで、町々の空気は薄暗い。
(新字新仮名) / 島崎藤村(著)
橘柚檸檬の林を見下し、高くは山巓の雲を踏み、低くは水草茂れる沼澤の上を飛びしときは、終に茫漠たる平野の正中なる羅馬の都城に至りぬ。
薄片鐵を塗りて葉となしたる蔓艸は、幾箇のさゝやかなるに纏ひ附きて、その間には巧に盆栽の橘柚等をべたり。亭の前なる梢には剥製の鸚鵡まりたるあり。
黄からに——そうすると、それが黄橙色になるではございませんか。黄橙色——ああ、あのブラッド洋橙のことを仰言るのでしょう。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
その上にある梨と洋橙は全部二つに截ち割られていて、鑑識検査の跡が残されているが、無論毒物は、それ等の中にはなかったものらしい。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
それでも、アナトール・フランスの温室の中にえ出てる橙樹鉢植え、パレスの魂の墓地にのぞき出てる繊細な水仙花、それらの前に彼はしばらく足を止めて珍しげにながめた。
コゼットは白琥珀の裳衣の上にバンシュの長衣をまとい、イギリス刺繍のヴェール、みごとな真珠の首環橙花の帽をつけていた。
反照電熱機のような、香橙色な夕陽を、地中海が受け取って飲み込んだ。同時に、いろいろの鳥が一せいに鳴き出して、白楊の林が急に寒くなった。
踊る地平線:10 長靴の春 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
黄からに——そうすると、それが黄橙色になるではございませんか。黄橙色——ああ、あのブラッド洋橙のことを仰言るのでしょう。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)