ジャン・クリストフ07 第五巻 広場の市07 だいごかん ひろばのいち
著者とその影との対話 予まさしく乗るか反るかの仕事だね、クリストフ。お前は俺を全世界と喧嘩させるつもりだったのか。 クリストフまあ驚いた様子をするな。最初からお前は、どこへ俺が連れてゆくかを知ってたは …
作品に特徴的な語句
無駄むだ 女々めめ 見馴みな 嫌疑けんぎ 不機嫌ふきげん 凋落ちょうらく 夕闇ゆうやみ しば 化身けしん 足蹴あしげ 寵愛ちょうあい 芝生しばふ 木挽こびき 山羊やぎ 香具師やし 蛆虫うじむし 整頓せいとん 蜜蜂みつばち つぐみ 忌憚きたん 炯眼けいがん 生娘きむすめ 巍然ぎぜん 精緻せいち 貪欲どんよく 陳腐ちんぷ 息吹いぶ 鎧戸よろいど 従妹いとこ 石膏せっこう 素朴そぼく 俯瞰ふかん 抹殺まっさつ 凡庸ぼんよう 紙屑かみくず 屍体したい 濶歩かっぽ 脳裡のうり 清楚せいそ 眼差まなざし 臙脂えんじ 荒唐無稽こうとうむけい 遁走とんそう 愚昧ぐまい 倨傲きょごう 厭気いやけ 書肆しょし 猛々たけだけ つと 友誼ゆうぎ 風貌ふうぼう 見守みまも 畸形きけい 好々爺こうこうや 疑懼ぎく 猥褻わいせつ 伝播でんぱ 昏迷こんめい くびき 蟄居ちっきょ ほたる 咆哮ほうこう 暴戻ぼうれい 瞥見べっけん 遊蕩ゆうとう 愚図ぐず 隅々すみずみ 闇夜やみよ 纏綿てんめん 苛酷かこく 小賢こざか 怨霊おんりょう 涅槃ねはん 華々はなばな 退屈たいくつ 広漠こうばく 粗笨そほん 捕虜ほりょ 気位きぐらい 弛緩しかん 頬張ほおば 臓腑ぞうふ 駄々だだ 蠢動しゅんどう 錯綜さくそう 奔走ほんそう 干乾ひから 淫蕩いんとう 肢体したい 胡椒こしょう やり 罵詈ばり 嬌態きょうたい じょ 大仰おおぎょう 牛耳ぎゅうじ 隠密おんみつ 人混ひとご 傷痕きずあと 舞妓まいこ
題名が同じ作品
ジャン・クリストフ (新字新仮名)ロマン・ロラン (著)
ジャン・クリストフ:01 序 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)