“帷幕”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いばく78.9%
とばり8.8%
まんまく3.5%
カーテン1.8%
あげばり1.8%
おおとの1.8%
たれまく1.8%
まく1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とのみで、信玄は次第に無口になって、帷幕の人々との対談でも、伝令の報告を聞くのでも、ただきを以てするようになっていた。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
薬師堂の階段を上ると、中央には香の燃滓が山のように堆積している護摩壇があり、その背後が厨子形の帷幕になっている。
後光殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
島には鎌倉殿の定紋ついた帷幕引繞らして、威儀を正した夥多の神官が詰めた。紫玉は、さきほどからここに控えたのである。
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
彼は帷幕の外から顔を差し入れただけで、思わずハッとして立ちんでしまった。前回にはかも覚えなかったところの、不思議な衝動に襲われたからだ。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
兵を河のに隱し、またその山の上に、絁垣を張り、帷幕を立てて、詐りて、舍人を王になして、呉床にませて、百官ひかよふ状、既に王子のいまし所の如くして
〈妾交接の道を欲せず、今皇命の威にえずして、暫く帷幕の中に納む、しかるに意に快からざるところ、云々〉と辞してその姉をめ参らせた、それが成務帝の御母だとある。
は左第五第六肋骨間を貫き左心室に突入せる、正規の創形を有する短剣刺傷にして、算哲はの中央にてそのを固く握り締め、扉を足に頭を奥の帷幕に向けて、仰臥の姿勢にて横たわれり。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
帷幕が下りると、……燕尾服の口上じゃない——薄汚い、黒の皺だらけの、わざと坊さんの法衣を着た、印度人が来て、袖をいて、指示をしながら、揚幕へ連れ込んで、穴段を踏んで