“薦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すす60.0%
こも21.4%
すゝ9.7%
ごも2.8%
すゝむ2.1%
0.7%
0.7%
ござ0.7%
すすめ0.7%
すゝめ0.7%
むしろ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(七)舜禹(八)岳牧む。(九)み、らしむること(一〇)功用り、く。
広野の中に刀禰の大河が流れていた。水葱に根を護られながら、昼は咲き夜は恋宿という合歓の花の木が岸に並んで生えている。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
『暑いでせう外は。先刻から眠くなつて/\爲樣のないところだつたの。』と富江は椅子をめる。年下の弟でもらふ樣な素振りだ。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
「このの北口が、でなく、せめてどんなでもよいから板戸であったら、風も防げるし、夜もすこしは暖かに眠れるのだがなあ……」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
る物から親子ともに下戸なればとて手にだも詮方なければ一個にて傾けながら四方八方の中に容子
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
鍾繇は、魏の大老である。野に隠れたる大人物とは、いったい誰をさしていうのか。叡帝忌憚なくそれをげよといった。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
仲達軍の先鋒に大将としてされた者は、河南の張郃、あざなは雋義、これは仲達から特に帝へ直奏して
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
カンテラをしたの上に坐って調子もカンも合わない「一ツとや」を一晩中休みなしに弾いていた。
伝通院 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
孝孺の父は洪武九年を以て歿し、師は同十三年を以て歿す。洪武十五年呉沉を以て太祖にゆ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
御家來れなばなる謀計も成就せん事疑ひなしと稱譽してければ天一坊は大に悦喜し左樣の軍師
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
一枚の上におかれることは、上の格子から光のくるのを遮ぎられてしまうと、冷汗を流して、こおろぎに脅えたり、夏であると風窓が明いていると、そこへ顔を押しつけていたものだった。