伝通院でんずういん
われわれはいかにするともおのれの生れ落ちた浮世の片隅を忘れる事は出来まい。 もしそれが賑な都会の中央であったならば、われわれは無限の光栄に包まれ感謝の涙にその眼を曇らして、一国の繁華を代表する偉大の背景を打目戍るであろう。もしまたそれが見る …
作品に特徴的な語句
ござ 身体ずうたい たずね いづ とめ 若衆わかいしゅう どこ 密通くっつ どろ おく なつか 放擲うっちゃ とど はず にぎやか なに 出立いでたち 可笑おかし 咲出さきいづ やっこ ころが 鳥目とりめ くだ すなわ 何処いずこ 切貼きりばり 午後ひるすぎ 半開はんびら いえ 巴里パリー のち 持逃もちにげ 曲弾きょくびき 植込うえごみ 水門すいもん あかり とも 物乞ものごい 稚時おさなどき 細密こまか ちかづ まんま 一条ひとすじ 上人しょうにん 両国りょうごく うち 乳母うば 休斎きゅうさい 佐七さしち 借家しゃくや 六三ろくさ 其処そこ 再建さいこん かぶ ところ 半年はんとし 取除とりの 古刹こさつ 古寺ふるでら 吉三きちざ 名札なふだ 名残なごり 呱々ここ むせ うた 啖唾たんつば くわ 基督キリスト 境内けいだい 大榎おおえのき はら うち 寄席よせ 富坂とみざか 小柳こやなぎ しり 彼奴あいつ 得顔えがお せがれ うら たわむ 扇子せんす 按摩あんま さず 故里ふるさと 文身ほりもの 旅烏たびがらす 日清にっしん 昼鳶ひるとんび 暖簾のれん 書連かきつら 月代さかやき 本郷ほんごう はて こずえ