“両国”のいろいろな読み方と例文
旧字:兩國
読み方割合
りょうごく81.1%
りやうごく13.5%
りょうこく2.7%
れうこく2.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
以前木造であった永代両国との二橋は鉄のつり橋にかえられたのみならず橋の位置も変りまたその両岸の街路も著しく変っていた。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
家は地震にもれざりしかど、忽ち近隣に出火あり。孫娘と共に両国に走る。へしものは鸚鵡のみ。鸚鵡の名は五郎。背は鼠色、腹は桃色。
しかしここでは最も簡単な場合として、同数シノニムというまでにとどめると結局AB両国語彙一般の比較によって得らるべき純偶然的一致の確率は
議場政治家でも、両国土俵力士でも、伝統的なものがびて、段々小粒になつてるのにも不思議はない。
微笑の渦 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)