“見”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
76.7%
まみ6.8%
けん4.3%
あら3.9%
2.7%
みっ0.8%
みえ0.7%
みる0.7%
あらわ0.6%
あらは0.4%
みつ0.2%
0.2%
しめ0.2%
みせ0.2%
みた0.2%
みゆ0.1%
みれ0.1%
いて0.1%
おもんみ0.1%
これ0.1%
0.1%
ふう0.1%
みわ0.1%
みん0.1%
みッ0.1%
0.1%
アラワ0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で、かごからひばりをして、みんなにせながら、あめをがありました。そのると、あそんでいる子供たちは
ひばりのおじさん (新字新仮名) / 小川未明(著)
より良くより高い生活のためなら、二夫にでも三夫五夫にでもえてよろしく、それによってむしろ魂の純潔は高められるであろう。
貞操の幅と限界 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
いたずらに自尊の念と固陋り合せたるごとき没分暁を振って学生を精根のつづく限りたたいたなら、見じめなのは学生である。
作物の批評 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
大鷲神社のの田甫の白鷺が、一羽起ち二羽起ち三羽立つと、明日の酉の市の売場に新らしく掛けた小屋から二三の人がははれた。
里の今昔 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
「さうなんでさ、わたしや蜀黍打棄までつとつてたらえねえんでさ、私等家のおとつつあは道具つちとんですから」
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
政江の周囲には予防注射をすら怖れるようなともない人間ばかりが集っている。この事実がいつも政江を必要以上に勇気づけるのだった。
俗臭 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
この行甚だ楽しからず、蒼海約して未だ来らず、老侠客の未だず、るに魚なく肉なく、徒らに浴室内に老女の喧囂を聞くのみ。
三日幻境 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
人樣に辛抱人たのが今となりては面目ない二階へなりときくされのも忌々しいと口では言ど心では何か容子の有事やと手を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
また〈王者の恩耆老に加わりまた事に応ずるければすなわちる〉とあって、赤兎は〈王者の徳盛んなればすなわち至る〉とづ。
わが逍遙子の意に違ふをもらで、穿鑿の評を避け、文字の上にれたる論の評を作すものは、かゝる危險をおそるゝこと甚しければなり。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
「死ね、死ね。お前も一旦棄てた男なら、今更とも無いを為ずに何為死ぬまで立派に棄て通さんのだ」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
コーヒーンデ明日レヌツメ、溜息手段ナキ、コレラ一万青年エ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
さきには友我を性格なし、意志なしと罵りき。今はわれ友にすに我性格と我意志とをもてすべしとおもひぬ。
旦那様は少許震えて、穴の開く程奥様の御顔を熟視ますと、奥様は口唇嘲笑て、他の事を考えておいでなさるようでした。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
履物黒塗りのいなものですが、それはぞでんだものらしく、そうそうにはえませんでした……。
と見渡し大いに驚き大膳殿品川宿の方に當り火のるがを何とか思るゝやと問へば大膳是を見てこそは縁日抔の商人の燈火ならんといふに山内
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
聞ば藤澤第一番の旅籠屋にて大津屋の後家と云者なりとのことに重四郎は彼お勇を能々三十歳
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
こうやっててつくづく自分もいろいろの生活で、こなせるようになって来ていると感じ直します、つまり苦労して来たのだな、と思いかえすようなところがあります。
右、臣伏してれば、にし延喜元年の官符、已に権貴の山川を規錮し、勢家の田地を侵奪することを禁じ、州郡の枳棘をり、兆庶の蟼蠈を除く。吏治施し易く、民居安きを得たり。
斯んなに詳しく家毎人毎に就て調べたのは、実に翁自身も始めてなので、まで議会や世間へ向て訴へて来た悲惨は、事実の百分一にも足らなかつたことに驚いて仕舞はれた。
大野人 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
れも縁切りとしやつてからう五旦那樣ばかりいのではうて、暑寒のおいものなど、くらしい處置をしてせるに、おがつひかれて、づとをも
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
然れども巻頭の中館松生君が私徳論の如きは、其文飛動を欠き精緻を欠くとども、温健の風、着実の、優に彼の気取屋党に一頭地を抜く者と被存候。
渋民村より (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
と、くまはいいました。は、きょときょとしたつきで、くびをばしてあたりをまわしました。
汽車の中のくまと鶏 (新字新仮名) / 小川未明(著)
拔放ければ鍔元より切先まで生々しき血汐の付にぞコレヤは大膽不敵なる奴かな是が何より證據なり何處で人を殺し夜盜
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
口へ出すのもともないや。お前さんに優しくされて朝晩にゃ顔を見て、一所に居るのが嬉しくッて、恥も義理も忘れたそうだ。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
左様で、ござりません。仁丹がうござりますやろ。」と夕間暮薬箪笥に手を掛ける、とカチカチと鳴るとともに、額の抜上った首を振りつつな眼鏡越にじろりとる。
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
カダルにもにも皆死なれデ、村役場ガラだのだのて、よりも小舍這入テセ、乞食して暮らすデ來るデバ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
韓舎人子蒼、取りて一聯として云ふ、推愁不相覓、与老無期稍と。古句に比して蓋し益〻なり。(老学庵筆記、巻八)