“ふう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:フウ
語句割合
64.9%
11.5%
9.9%
4.4%
風俗2.2%
1.8%
風采1.5%
0.7%
0.7%
0.4%
0.2%
上封0.2%
様子0.2%
樣子0.2%
0.2%
0.2%
風体0.2%
風儀0.2%
風容0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
等伯が、もっぱら、牧谿を慕っていたといわれる如く、武蔵画にも、どこか、牧谿にさえ、似ているところがないとはいえない。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この香木聖武天皇の御代、中国から渡来したもので、正倉院じられて、勅許がなければ、観ることすらゆるされないものだった。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
子供は、ややませた口ぶりで、お角のすることの効無きかをするように言いますから、こんなことにも意地になったものと見え
大菩薩峠:18 安房の国の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
同時に彼は物を落して驚いたようなをして、その四辺をきょろきょろと見廻し、やっとそれを敷石の上に見つけたようにして急いで拾った。
指環 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「私が面白い風俗をして張物をしていたもんですから、吃驚したような顔してましたよ……」
岩石の間 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
うすか、解職願お出しエんしたのすか? 俺ア少しも知らなごあんしたオなす。』と、秋野は初めて知つたと言ふに言つた。
足跡 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
で、見た処は芸妓内証歩行という風だから、まして女優の、忍びの出、と言っても風采
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ちゃん、いらッしゃい、衣服を着て見ましょう——温順しくしないと、東京へ連れて行きませんよ」
芽生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
譜本ふやうに、距離釣合へず、いて、つと途端敵手胸元貫通絹鈕をも芋刺にしようといふ決鬪師ぢゃ。
その声の主は「ちゃん」と云う児で、器量よしと云う評判が高かったから要も前から耳にしてはいたものの、それまで一度も顔を見たことはなかったし、見たいと云う気もなかったのを
蓼喰う虫 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
ちゃん、ちょいと、富ちゃん、の人形を知らなくッて、」
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ちゃん、」と声を立てて、真直に跳起きた。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
落泊ても手や顔にをつけていなかった。その前にしゃがんで、表札を書いてもらっているものや、手紙の上封を頼んでいるものもあった。
思ひのままに遊びて母が泣きをと父親の事は忘れて、十五の春より不了簡をはじめぬ、男振にがみありて利発らしきざし、色は黒けれど好き様子とて四隣の娘どもが風説も聞えけれど
大つごもり (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
思ひのまゝに遊びて母が泣きをと父親の事は忘れて、十五の春より不了簡をはじめぬ、男振にがみありて利發らしき眼ざし、色は黒けれど好き樣子とて四隣の娘どもが風説も聞えけれど
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
三人とも口をじられた。どしんと大きな沈黙を横たえられた感じだった。お婆さんは眼を開いて弥平のれた淋しい顔に視線を据えていたが、それも長くは続かなかった。
蜜柑 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
然れども巻頭の中館松生君が私徳論の如きは、其文飛動を欠き精緻を欠くとども、温健の風、着実の、優に彼の気取屋党に一頭地を抜く者と被存候。
渋民村より (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
風体、恰好、役雑なものに名まで似た、因果小僧とも言いそうな這奴六蔵は、そのに腰を掛けた、が、舌打して
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それに奥様のお兄様だとかいう破落戸のような風儀の悪い、弁太とかいう男が出入りをしては、ずっと以前から、奥様の手から、いろいろの無心を
生死卍巴 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
解けば濡れますが、はい、身はかたくめて包んで置きます、といった風容。……これを少々気にしたが悪いだろうか……お伽堂の店番を。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)