新書太閤記しんしょたいこうき05 第五分冊05 だいごぶんさつ
湖畔の城は、日にまし重きをなした。長浜の町には、灯のかずが夜ごとのように増えてゆく。 風土はよし、天産にはめぐまれている。しかも、城主に人を得て、安業楽土の国とは、おれたちのことなれと、謳歌せぬ領民は …
作品に特徴的な語句
覿面てきめん 気魄きはく 緻密ちみつ 夜叉やしゃ 敵愾心てきがいしん きず 深傷ふかで 離室はなれ 諏訪すわ 陸奥みちのく 鬱憤うっぷん 駿河するが 一喝いっかつ 詰問きつもん 出雲いずも 峻烈しゅんれつ ひえ 麾下きか 断乎だんこ ひよどり よし 博多はかた 披瀝ひれき 逐電ちくてん いが 畢生ひっせい 闡明せんめい 井桁いげた 烏滸おこ 足蹴あしげ くりや かけひ もも 膏薬こうやく 勃発ぼっぱつ 仮借かしゃく 寵愛ちょうあい あかね まこと 謀叛むほん 喊声かんせい 混沌こんとん 後家ごけ 亜細亜アジア 和睦わぼく 殲滅せんめつ 造詣ぞうけい ろく 塹壕ざんごう 忌憚きたん 満腔まんこう 苗字みょうじ 困憊こんぱい さかい 根柢こんてい 淙々そうそう 屈託くったく 巍然ぎぜん 危惧きぐ 勃興ぼっこう とら 僧形そうぎょう 山麓さんろく 嫡子ちゃくし わん 見恍みと 越前えちぜん 素朴そぼく 白湯さゆ 些事さじ 遮断しゃだん 五位鷺ごいさぎ 俯瞰みおろ 述懐じゅっかい 叡山えいざん 丹精たんせい 濶歩かっぽ 笑靨えくぼ 驀進ばくしん すずき 癇癖かんぺき 一叢ひとむら 初陣ういじん 嶮岨けんそ 慴伏しょうふく 齟齬そご 伽羅きゃら 生捕イケドリ 凛々りんりん 浪華なにわ 田楽でんがく 伯耆ほうき 熾烈しれつ ちゅう 曲輪くるわ 母衣ほろ 直々じきじき 醗酵はっこう
題名が同じ作品
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)